だらだら~っと、ほっこりと、ゆる~い日常です。
    
スポンサーサイト   
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
つつじアルバム・見納め?   
どうも。
腰に爆弾 抱える、ろぼ吉です(笑)

今週の仕事は体力勝負週間なんですが
すでに初日の今日で足腰キツイです
せめてギックリ腰にならなきゃいいけど……と祈るばかり

そんな中、ジャンお迎え計画は着々と進行中。
来月にはお披露目できると思います。


そして、ひとりっ子生活満喫中のつむ児は
先週は食欲増進週間。
毎日ほぼハムセレを完食する週と、半分くらいしか食べない週と
つむ児の食欲には結構があるんです。
ちなみにたぶん今週は週間。
それでも体重はそのに関係なく、現在は122g前後。


ところで。

つつじの未公開写真特集もとりあえず今週で一区切り。

DSCN0133_20091109232158.jpg

つつじはペパレミほぐしが得意だったけど、野良寝派だったからかなぁ?
ふっかふかで気持ちよさそうなベッド。
おうち寝派のつむ児はあんまりペパレミほぐしはしない。

DSCN0125.jpg

本当に夫婦にしてあげられてたら、
きっと最強に可愛い仔ハムが生まれてただろうなぁ。

DSCN9332.jpg

男っ気のなかったギャルズはいつのまにかカッチンもしなくなってたけど
つつじは亡くなる直前までカッチンが規則的だった。
これはきっとつむ児効果だったと思う。


スポンサーサイト
つつじアルバム2   
どうも。
ペットショップに行ってきたけど、
今日は挨拶してきただけの、ろぼ吉です。

だって。
雨降ってるし、寒いし。
時間もまだ少し早めだったのでみんなぐっすり眠ってて。
無理に起こして寒い外に連れ出すのも可哀想だったので。

っていう以前に、みんな小屋の中ですし詰め状態で寝てたから
目当ての子を見つけられなかったんだけど

来週以降かなー……



というわけで。
つむ児のひとりっ子生活はもうちょっと続きます。

あ、そうそう。
昨日からケージに毛布をかけることにしました。
つむ児は寝床にティッシュとペパレミを
詰め込めるだけ詰め込んで寝る子なので
寒そうではないんだけど、朝晩の寒さはやっぱり心配なので。

去年の日記を見たら、毛布を出すのは今年は1週間早かった。

ぬくぬくと寝てるつむ児と違って、
羽根布団を先週も出しはぐったお世話係は
いまだに毛布とタオルケット2枚重ねで寝ております



さて、今週もつつじを振り返ります。


2008年9月、つむ児をお迎えした日の祝いの膳。

2008年9月

つつじは外でウマウマをもらってもその場では食べず
必ずお持ち帰りして食べる子だった。

2008年9月撮影

自分のおうちの中ではカメラにも愛想のいい子だった。

2008年11月撮影

おうちの中だったら、貰い方も必死だった。


つつじのお食事


つつじはカボチャが大好きだった。
いつも真っ先にお持ち帰りするのがカボチャ。
お迎えしてからほぼ毎日美味しそうに食べてくれたのに
今考えてみると、調子の悪くなる2?3日前から
カボチャに手を付けなくなってたなぁ……


つつじアルバム   
どうも。

先日仕事中、絵本コーナーで『虹の橋』を見つけて
思わずページをめくって号泣しそうになった、ろぼ吉です。


仕事中に読んじゃいかん本だったなぁ……


とりあえず、
一番目立つところにディスプレイしておきました (← ある意味職権乱用?)



虹の橋で私を待っていてくれてるはずの歴代ハムズ。
いつか追いかけるから、みんなで出迎えてね。




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


というわけで。

つつじの未公開写真もたくさんあるので
ろぼ吉家で過ごした、
1年5ヶ月間のつつじの短い生い立ちを振り返ります。


2008年4月撮影

2008年4月下旬、お迎え直後のつつじさん。
誕生日は3月上旬ということだったので
このとき生後約2ヶ月経つか経たないか、という頃。

2008年4月撮影

この時の体重はまだ33g。
まだまだあどけなさの残るおチビさん。

2008年4月撮影

ジャンのしゃも児(当時53g)と大きさ的にも大差なかった(笑)


つつじが来た日


つつじをお迎えしたその日に撮影した動画が残ってた!
そういえば、トイレの中の砂がペパレミになってる。
ろぼ吉家では固まるタイプの砂を使ってて
つつじはいきなりそれを口に入れてしまったので
急遽ペパレミを入れて代用したんだった。
その後、砂浴び用の砂を買ってきてしばらく慣れさせて
つつじがトイレ砂を口に入れないようになってから
固まるタイプの砂に戻したんだったっけ。

まだ軽いつつじ。
いきなり21センチのクルクルは大きすぎて……
上手に走ってるけど、止まった時クルクルの惰力が抑えられない。
つつじは止まってるのに、クルクルがしばらくユラユラ揺れてて
見てるこっちが目が回りそうだ(笑)

つつじは秋の空へ…   
もう、永遠に目を覚ましてくれない……、つつじさんです。









この1行書いただけで、胸が詰まってしまって。
なかなか入力が進みません。


久しぶりの更新だっていうのに、こんな報告になってしまって
残念です。
ごめんなさい。


昨日、9月27日(日)、午後12時47分頃
つつじは静かに空に旅立ってしまいました。

DSCN0683.jpg

なにをどうお伝えしていいのやら
私自身もまだ気持ちの整理もできてないし
この数日間のことを理解できてないのですが。

この写真を撮った24日(木)も
いつもどおり夜は7時半には起きて、いつもどおりひとりで遊んでいました。
でもたったひとつだけ、今までなかった“異変”が。

DSCN0681_20090928190724.jpg

口元の左端辺り、直径5?6mmのぷくっとした腫れがありました。

出血や傷は見当たらず、
前日がちっぽの日でテンションが高かったので
なにかにぶつけたのかと思いました。

でも気になって。
翌25日(金)、仕事に行く前に朝イチで病院に連れて行きました。
少し元気がないかな?と思ったけれど
朝で眠いからかな?と思っていました。

病院に着いて、先生の診立ても
炎症か、腫瘍か膿瘍か…?というところで。
現段階ではなんとも言えないので数日間様子を見るということで
とりあえず抗生剤の注射をして、
抗生剤と抗炎症剤を処方してもらいました。

その日の夜、いつもなら起きてくるはずの時間になっても
つつじは起きてこなくて。
薬を飲ませるために9時半頃起こしてしまったのですが
その後も寝床に戻って寝ていました。
掃除のときに口元の腫れを確認。
特に前日から変わった様子はなかったのですが
首の付け根辺りにも腫れを見つけました。
前日も体全体を念のためチェックしていたけれど
その時には確認できなかった新しい腫れ。

この時点で、炎症ではなく腫瘍ではないかと思いました。

26日(土)、朝、薬をあげるのを躊躇い、結局飲ませず私は仕事へ。
夕方、どんどんつつじの様子が悪くなっていっていたので
再び病院へ。
首の付け根の腫れを確認した先生の診立ては、リンパ腫。

食欲はなく、茹で野菜や豆腐を少し食べただけで
体重は前日より激減していました。
足取りもフラフラで力が無く、起き上がるのもだるそうでした。

先生と相談し、入院させることにしました。
この状況のつつじと離れることは不安でたまらなかったので迷ったけれど
病院なら点滴もできるし、流動食で強制給餌もしてくれる。
なにより何かあったとき先生が迅速に処置してくれる。
病院は家からも近いので、万が一のときは駆け付けられる。
今は、つつじが少しでも体力を回復してくれることを祈って、決めました。


けれど……。

翌日、昼前に病院から電話がありました。
状態があまりよくないので、会いにきてあげてください、と。

つつじは酸素室に入って、横たわっていました。
呼吸は安定しているのですが、念のため酸素室に入れているとのこと。
その日の朝、先生があげたミルクをよく飲んだそうです。
でも、新たに足の付け根にも腫れができていました。
レントゲンを撮った結果、腫瘍はできていないけれど
肝臓がかなり大きくなっていたことがわかりました。
肝臓が悪くなったのが先だったのか、リンパ腫が先かはわかりません。
関連性もよくわからないけれど
この数日間につつじの体の中で急速に悪いことが起きていたことは確かです。


つつじを連れて帰ってきました。

とにかく保温をして、住み慣れた寝床に寝かせました。
そのまま、苦しそうでもなく。
ただ、うつろな表情で横たわって。

20分もしないうちに。
ピクピクッ、とほんの微かに痙攣させたと思ったら
そのまま呼吸が止まりました。
ほんとに静かに。
また再び呼吸が始まるんじゃないかと…
お願いだからもう一度呼吸して!!
って思って見続けたけど。
1分経っても2分経っても、
もうつつじの鼓動が始まることはありませんでした。


推定年齢1歳6ヶ月。





まだ悪い夢の中にいるようです。
異変に気づいてからたったの4日目で
こんなに急激に命を奪ってしまうものなのかと。

今そう考えて思い返してみて
そう言われれば、
数日前から大好きなカボチャを食べ残すようになってたな、とか。
ウンピが小さくなってたな、とか。
夜遊んでいても、寝床に戻る時間が早くなってたかな?とか。
異変に気づくヒントはいくつかあったかもしれないけれど。

ぜんぶ今更、です。





闘病期間が長いのも辛いけど
気持ちの覚悟ができないくらい突然逝かれてしまうのはもっと辛い。

もう少しだけでいいから
こんな鈍感お世話係にもわかるようなヒントが欲しかったな。
つつじの油断   
どうも。

ケータイの表示がおかしくなったり、
いつも鳴ってた音が鳴らなくなったり、
故障か?
と思ったら、電池パックの寿命だったらしい、ろぼ吉です。

オプションサービスで貰っておいた新しい電池パックに交換したら
問題解決!でした(笑)

電池パックの寿命が近くなると
バッテリーの“もち”が悪くなるもんだと思ってたけど、
そういうもんでもないんですねぇ。
充電する頻度は特に速まったわけでもなく
メールも通話も普通にできてたので
ケータイ本体の故障か、バグだと思い込んでました。


あぁ?????????????????!


今日も平和だ!


ってことで。
本日起床時間確認できなかった、つつじさん。

DSCN0651_20090901230847.jpg

珍しくこんな寝顔を披露してくれました

いつもだったら

DSCN0653.jpg

こんな感じでしっかりガードしてらっしゃるんですが。

DSCN0650.jpg

油断したでしゅわ


私としちゃぁ、毎日油断しまくってほしいけどね。

我が家の現役ハムズは揃いも揃ってガードが固い。
私と正反対だ。


                              
         
    
                        
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。