だらだら~っと、ゆる~いハムスターとの日常。気が向いたら更新。
    
スポンサーサイト   
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タラコGet!   
だいぶ以前に書いたことがありましたが、
キュー○ーのパスタソースのCMでたらこの着ぐるみ被ったキューピーが
ザックザック出てくるインパクト大!のCM。

ゆうべ新バージョンを見ました。

…前回の方がやっぱりインパクトあったな…


ややパワーダウンした印象を受けたものの、新バージョンが出たということはもしや?
と思って早速キュー○ーのサイトを検索したところ…

以前Getし損ねたあのテーマソングの着メロをGetすることができました!!ヽ(*^▽^*)ノ

今更…(^^;ゞ
って気がしないでもない今日この頃ですが、とりあえずちょっと嬉しい♪
スポンサーサイト
恐いですか?   
お風呂上りに顔のパックをしていたら、旦那が帰ってきた気配がしたので
ソォ?っと暗闇に隠れて立っていました(^^;)
何も気付かず部屋に入ってきた旦那は、まるで“カオナシ”そのものの私を見た瞬間

うぉぉぉぉぉぉ???????????っ!

壁ギリギリまで後ずさりしていきました…

何度同じことをしても思ったとおりのリアクションをしてくれるので、やめられないッス(笑)

こんな私をどう思われますか…?ヾ(--;)


すっかり気を良くしてリビングに移動した私。
いつものようにぴぃがケージにぶら下がって騒いでいたので、入り口を開け、
手に乗せて顔の位置まで持ち上げたら…

ぴぃ、まっすぐに私を見たまま硬直…

30秒くらいピクリとも動きませんでした。

そんなに恐ろしい光景でしたか?( ̄▽ ̄;)!!

かなり凹みました…

もう二度としません…たぶん…


ハムスターって視力はあまり良くない、と聞いたのですが
実際どんな感じに見えてるんでしょうね?

IMG_1987.jpg
病院へ行こう   
いざ病院に連れて行く!ということになった時の注意点(?)を少し。

行く時は、できることならケージごと連れていくのがベストです。
ハムにとっては急にお出掛けということになって、
慣れない車などに乗せられ、慣れない人に体をいじられるんだから、
そりゃもうかなりのストレスになるはずです(>_<)ゞ
慣れたケージでの移動なら、少しはそのストレスも軽減してくれるんじゃないでしょうか?

それと、もうひとつケージごと連れて行く大事な理由があります。
それは、病院で先生がそのケージを見て、
ハムがどんな環境で生活しているのか、どんなエサを食べているのかを把握できるからです。
またトイレの状態を直接見ることで、衛生状態や排泄物の状態を見ることができるからです。

これが結構重要ポイント!
ウ○チがあるとすぐに検査でき、寄生虫なども発見できます。
もしトイレを持って行くことができなかったら、ウ○チだけでも少量持って行くといいですよ。

もちろん、ケージごと移動するのは簡単じゃないので、
そんなときはお出掛け用のキャリーバッグにたっぷり床材と巣材を入れて、
エサも少し持って行くようにすればOKです。
キャリーバッグには給水器が付いているものがありますが、
病院に連れて行くくらいなら水は必要ありません。
移動の時に水がこぼれて中がビショビショになったりしたらかえってよくないので、
取り外してしまった方がいいと思います。

夏場もし水分が必要かな?と思ったら、
キャベツやレタスなどの野菜を少し入れておいてあげれば水分補給できます。

ハムが骨折していたり、あまり動かさない方がいいような場合は
キャリーバックの方が適しています。

キャリーバックをわざわざ買うのもなー…という時は、
小さな箱や100均で売ってるような水槽方の虫カゴでも代用できます。

病院に着いたら…
そこには当然犬や猫も来ているでしょう。
ハムにとってはそれもストレスになるかもしれません。
なるべく離れて、静かな場所で順番を待つようにしてあげてくださいね。
病院の探し方   
別に今ぴぃうりの具合が悪いというわけではありませんが…
ちょっと動物病院の選び方について書いてみます。

犬や猫なら何処の動物病院でもすぐに診てもらえますが、
ハムスターの場合はそうでもないのが現状です。
電話で聞けば一応「診ますよ」と言ってくれるので連れて行ってみると、
あまり知識が詳しくなかったり、
二言目には「小さいから手術できない」とか言われて何もしてもらえないことが多いんです。
小動物専門の獣医さんもまだまだ少ないですし、獣医さんも勉強中、
というところなのかもしれません。

以前テレビでハムスターでも手術して治してくれるという名医を見たことがあります。
結構有名な先生で、都内にあるその病院に、わざわざ東北や九州の方から
ペットを連れてくる飼い主さんもいました。

その気持ちはよ?くわかります。
でも実際それって誰でも簡単にできることじゃないし、
出来れば近くで探したいですよね。

私もとりあえず市内の動物病院に片っ端から行きました。
連れて行ったハムスターはそれぞれ違う子たちですが、
残念ながら何処も信頼できそうな病院ではありませんでした。

すごく感じのいい先生でも、
診察の時に1メートル以上の高さの診察台からハムスターが落っこちて、
余計な怪我をするということがありました。

ハムスターだって不安になりますからおとなしく診察されるわけではなく、
当然暴れることもあります。
だから診察台から落ちたって、それは仕方ないよ…とでも言いたげに、
その先生は

「次回から洗濯用のネットを持ってきて!」と言いました。

ネットに入れておけば、もし急にハムスターが走り出してもすぐに捕まえて
診察台から落とすこともないし、ハムスターの自由も奪えるから…
だそうです。
そういう先生はよくいるようですが、私はちょっと違うだろ?と思ったんです。
洗濯用のネットに入れたままハムスターを診察して、
それで正しい診断ができるのでしょうか?
ネット越しにハムスターを触って、何がわかるというのでしょうか?

信頼できそうな病院を判断するポイントは、先生の知識や技術ももちろん大事ですが、
やっぱりどんな接し方をしてくれるか、が重要だと思います。

確かにハムスターは小さいし、犬や猫なら簡単にできるような手術も
ハムスターでは難しいということはあります。
若いハムなら体力もあるけれど、そうでない場合は手術に耐えられる体力もなくて、
麻酔が命取りになることもあります。
100%治してくれることができなくても、ちゃんとハムスターと向き合ってくれて、
名前と性格くらい覚えていてくれて、飼い主が納得し安心できるような説明を
しっかりしてくれる先生なら信頼できると思うんです。

そうして私がやっと巡り合った動物病院は、
私が住んでいる市の3つ隣の市にあります。
車で1時間近くかかりますが、仕方ありません。
先生もそのことを考慮してくれているので、気になることがあって電話で相談しても
気軽に教えてくれるし、事情があって薬を貰いに行けなかったら
わざわざ宅急便で送ってくれたりもしてくれます。
ハムスターも心なしか懐いてきて先生の手を舐めたりしているのを見ると、
私も安心して先生に任せることができます。

ネットでの情報もかなり手助けになります。

ハムスターのサイトの中には、
信頼できる病院を口コミで紹介してくれるサイトもあります。
自分が診てもらうわけではないので、やっぱりそういう情報がポイントになります。

ハムスターの具合が悪くなってから病院を探すのでは、
なかなか納得のいく病院を探すことはできないので、
日頃から情報を掴んでおくことが大事になります。
ハムスターが元気でも、健康診断がてら気になる病院を覗いてみるのもいいですよ。
爪切り   
前回、うりの爪を切ったことを書きましたが…
通常、ハムスターの爪を切る必要はあまりありません。

爪は人間同様伸び続けますが、砂を掘ったりしていれば自然と削れてくるので、
伸びすぎてしまうということは滅多にないはずです。
それでも伸びてきて巻き爪気味になってきたら、切ってあげたほうがいいです。
ケージの中ではあまり心配ないかもしれませんが、部屋の中に放して遊ばせてあげるときに、
カーペットや布などに爪を引っ掛けやすくなるからです。
人間でも爪を何かで引っ掛けて怪我をすることはあります。
それと同じように、ちょっと爪を引っ掛けただけでもハムにとっては骨折に結びつくような
大怪我の元になりかねないんです(>_<)ゞ

また、一度巻き爪になってしまうと、伸びた部分を切ったとしても
次から伸びてくる爪は巻き気味のクセがついてしまって切りにくくなってしまいます。
完全にクルンと巻き爪になる前に、なるべく早く切ってあげてくださいね。

ハムスターの爪切り専用の道具というのは、私は見たことがありません(^^;ゞ
うさぎなどハムスターよりちょっと大型の小動物用の爪切りならお店でも見かけますが…

なので、私は人間用の爪切りか眉毛カット用の小さなハサミを使います。
どっちかって言えば、眉毛切りの方が使いやすいかな?

あるいは…
地道にヤスリで削ってあげるという手もあります。
この場合はホームセンターで売っているような、なるべく細かい紙ヤスリを使います。

私が以前見かけたHPで、回し車の内側にこの紙ヤスリを貼り付けて、
ハムが回し車を回しながら自然に爪も削れるんじゃないか?
という方法が載っていて私も試してみたことがあるのですが…

結果は失敗でした。

やっぱり紙ヤスリ付きの回し車では足の裏が痛いのか、
ハムが回し車で遊ばなくなってしまったんです(^^;ゞ

そりゃ、痛いよねぇ…


切る時は片手でハムを掴んで羽交い絞めにし、スキを見計らってパチン!と切ります。
何をされるかハムがわからずキョトンとしているうちにやってしまうのが
一番ラクなのですが…
たいがいは恐怖で大暴れします。
そんな時は誰かにハムをしっかり捕まえていてもらって、
慎重に切ってあげましょう。

その時は、普段噛み付かないハムでも思いっきり噛み付かれることもあるので、
厚手の軍手や皮の手袋などを着用した方が安心です。


前回も書きましたが、ハムの爪はすぐそばを血管が通っているので、
あまり深く切りすぎると出血してしまうので注意が必要です。
不安な時は動物病院でもお願いすればやってくれるので、
掛かりつけの動物病院を見つける手掛かりにするためにも
行ってみることをオススメします。

IMG_1981.jpg
                              
         
    
                        
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。