だらだら~っと、ほっこりと、ゆる~い日常です。
    
もみじ   
もみじが、9月29日の朝息を引き取りました。

2007年7月20日撮影

最期は私が寝ている間のことだったので、看取ってあげることができませんでした。
でも、寝る前に見た姿勢から動いた形跡がまったくなく
表情も穏やかで、きっと眠りながら静かに息を引き取ったのだと思います。


もみじは私にとってはじめてのゴルデンで
お迎えしたときには既に妊娠していて
はじめて出産と育児を経験させてくれました。

体が小さくて童顔で、とても人懐っこくて甘えん坊な子でした。



ごめんね…
最初に出血したときから、私は適切な処置をしてあげられなかったかもしれない。
あのときに何かしてあげられてたら、もっと長生きできたかもしれなかったね。
下半身麻痺にもならないで、もっとたくさんお散歩できたかもしれなかったね。

もっといっぱいしてあげたいことがあったのに
もっといっぱい一緒にいたかったのに
看取ってあげることもできなくて、ひとりで逝かせちゃったね…ごめんね。
もみじの最後の声、聞いてあげたかった。

それでも、一生懸命頑張ってくれたね。
もみじが頑張ってくれたから、私も一緒に頑張ることができた。
本当に心から、ありがとう、もみじ


29日は、うめじももじの1歳8ヶ月のお誕生日だったんだよ。
ふたりを私に遺してくれてありがとう。


享年、推定1歳10?11ヶ月。

クリックリッ、ぎゅっ♪   
どうも。

寝転んでいたところを突然の訪問者。
慌てて立ち上がった拍子に腰をひねって動けなくなった、ろぼ吉です

…変な捻り方しちゃったなぁ…


さて。
栗ご飯を作りました。
大変おいしゅうございました

で、ギャルズにも栗をプレゼント。(もちろん、茹でただけのもの)

うめじ、栗とご対面?♪

うめじ、栗だよ

……

…控えめに…

ぱくっ

んまいだちゅ♪

持って帰るだちゅ


…おいしい顔を撮る前にさっさとホッペに消えた栗さん…


3匹で病院   
どうも。

なんとなくいつも、幹事になってる、ろぼ吉です。

でも、昔に比べたら幹事も随分ラクになりました。
連絡もメール一括送信でOKだもんね


さて、今日も3匹連れて病院に行ってきました。
うめじは先週は状態も安定し、ときどきは回し車で遊ぶ余裕もありました。
ただ体重が1週間で17gもしたのが唯一気になっていました。
やはり、少し腹水が溜まってきているようです。
最近はチッコの量がちょっと減ってきているので、
もう少し出てくれるようになればいいのだけど…

うめじ



ももじは順調に体重も減ってきていて、ポッコリおなかも少しスッキリしてきました。

ももじ

利尿剤が効いてるようです。

こうして2匹を比べてみると、顔つきがだいぶ違うでしょ?


チーーーッ!   
どうも。

もみじのお尻を拭いていたら、
チーーーっとチッコされた、ろぼ吉です

赤ちゃんのおしめを変えてるときに気持ちよくって思わずチーーーって、よく聞くけど
あんな感じだろか?
それとも、拭かれることへの抵抗か?

もみじ


とはいえ実はちょっと困った事態になっております。

水曜日の午前中にどうやらまたもみじが例の出血をしてしまったらしく
うつ伏せ寝のもみじのおなかの下が血溜まりになっていました。
すでに出血は止まっていましたが、
寝たまま出血、チッコ、ウンピをしていたので、おなかからチッポにかけて
ウンピと血で汚れたティッシュが張り付いてしまっていました。

暖めたボディシャンプータオルで念入りに汚れを拭き取り、
ベッタリ張り付いちゃってるウンピを取り除きましたが
かなりしぶとくこびりついてしまって全部取ることができませんでした。
今もまだチッポの付け根のあたりにちょびっと、
チッポの先くらいの大きさの塊が残っています。
なんとかふやかして…とか思うのですが、ホントにしぶとくて
無理に剥がそうとすると皮膚に傷をつけてしまいそうで怖くて…

で、恐る恐るタオルでふやかしつつ拭いてたら、チーーーっ とやられちゃったわけで…。
その後も様子を見つつ同じようにやってみるものの
その度にチーーーッ とやられております

なにかいい方法ないかしら?


うめじのクルクル復帰   
どうも。

ちくわ大好き、ろぼ吉です

炒め物にちくわ、チャーハンにちくわ、サラダにもちくわ!
我が家の食卓には毎晩必ずと言っていいほど、ちくわが登場してます(笑)
ちくわって万能だよ?!


とはいえ、ハムズの食事にはさすがにちくわは登場しませんが…
夏の間きゅうりが大好物だったハムズは、実は最近きゅうりを残します。
やっぱ味が旬の時期より落ちたのかなー?(人間にはあまりわからんが

そのかわり、今ハムズが一番好んで食べるのはブロッコリー。
ウマウマオヤジがうるさいくらい国産にこだわるため
値段的にはあまり安くは買えないので、ハムズのためだけに買ってます。
えぇ…私とウマウマオヤジは食べれません(笑)
そのかわり、ちくわ。


そんなハムズの中から今日はうめじ
先週から回し車を復活させてみました!

久しぶりだちゅね

1ヶ月以上触ってなかったためか、最初は物珍しそう?に眺めているだけで
なかなか乗ろうとしませんでした。

トロトロトロトロ…

やっと乗り込んでくれても、5?6歩ゆっくりと歩いただけで降りてしまいました。

それでも、翌朝には…

久々のトイレ倒し

久々のうめじの得意技、トイレ倒し!

以前のような派手さはないものの、こんなことができるまでに体力は回復したようで
ちょっと嬉しい
もっと倒して!


もみじのシンプル部屋   
どうも。

韓国ドラマの『朱蒙』にハマっている、ろぼ吉です。

…『冬ソナ』にも『チャングム』にもハマらなかった私が
初めて韓国ドラマにどっぷりハマってしまいました(笑)

うちは地上波しか見れないのだけど、どうやら地上波での放送は24話までらしい。
全部で81話あるっていうのに、25話以降はDVDで見るしかないんだろか?


◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


もみじですが、前足だけとは思えないほどの素早さで、
私の手から逃げていきます…
掃除の時ちょっと床に置いたときなんか、あっという間にどっかに行っちゃいます(笑)
もちろんケージの中でも。

これでホッペがパンパンだったら、まさにツチノコ…


そんなもみじのケージのバリアフリー化。
いろんな方にいただいたアドバイスなどを参考にしていろいろ試してみましたが

シンプル…

お皿以外は撤去したので、こんなにシンプルになっちゃいました。
床には結局ペットシーツを使うことに。

ビリビリ…

やっぱりすぐにビリビリに破かれてしまって
初日はペットシーツの表面の紙と下の防水面の間に入り込んで
出られなくなって、網に掛かったクマのようにもがいていたもみじでしたが
きっと何を敷いてもビリビリしてしまうので、敷き方に工夫してみました。

100均のキッチンシンク用すのこ(発砲スチロールみたいなやつ?)を
床面ピッタリの大きさにカットし
敷布団にシーツをかける要領で、すのこをペットシーツで包み
それを床に置けば、厚みがある上にしっかり固定されるので
ビリビリしてもペットシーツがめくれたりボロボロに破れることはありません。

疲れて寝ちゃった

思うようにビリビリできなくて、疲れたのかそのまま寝ちゃいました



ももじの独壇場   
どうも。

新しい傘を買ってきました、ろぼ吉です。

憂鬱な雨の気分を吹き飛ばすためにも
傘は可愛くてきれいな色を選びたい!と思って探し回ること数軒…
結局、一番気に入ったものは1軒目のお店にありました。
でも戻るのが面倒になって妥協しちまいました

だいたいそういうもんなのよねぇ…
第一印象に間違いは無いっ!…っていつも思うのに、学習しないヤツです、私は。


◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


えーっと、今日はまずコレをご覧ください。

体重測定 (9/9測定)

もみじ112g(+1g)
うめじ 114g(?7g)
ももじ 159g(+15g)
(前週比)

元気になってきていると思っていたうめじの体重もショックでしたが
それ以上にビックリしたのがももじ
15g

おなかパンパン!

腹水のせいだとわかった今は、ただただ恐ろしい気分です。
利尿剤の効用でチッコ量も増えていますが
どれだけ腹水が出てくれるか…。


ショック!ショック!   
どうも。

台風の風には耐えたのに、
車に乗るときにドアに引っ掛けて傘を壊した、ろぼ吉です。


……



タイトル通り、実は今日はとても重大でショックな報告をしなければなりません
重い内容になることをご承知ください。

実はもみじの状況が、急変しました。
木曜日の夜、
起きてきたもみじの右目の下まぶたが少し切れて出血した跡がありました。
目は両目共に涙目になっていました。
そして更に衝撃的だったのが…
もみじの後ろ足がまったく動かなくなっていました!

腰から下が麻痺してしまって、前足だけで一生懸命歩いている姿はショックでした。
最初、どこかから落ちて骨折してしまったのかな?と思ったのですが
触ってみても別にそういうわけでもなさそうです。
でも、後ろ足がまったく動かせないのです。
当然、回し車に乗ろうとしても乗れません。
トイレはフタを外しましたが、高さ約2cmの容器に登るのも前足だけではかなりの苦労。
もちろん、座ることもできません。
前足は体を支えているので、ヒマ種の殻を剥くこともできません。

寝姿もこんな状態です。

もみじ

足は力なく投げ出したままです。

かなりショッキングな映像ですが、
状況をわかりやすくするために動画も撮りました。




こうなってから思い返してみると、水曜日の夜から少し症状は出始めていました。
ときどき足を引きずるようにして歩いていたし
座り方もお尻をペタンと床につけて、後ろ足を前に投げ出すような格好で座っていました。
それがなんとなく気になっていたものの、
まさかこんなことになるとは、その時はまったく予想もしていませんでした。
でもお散歩もしていたし、それ以外特に変わった様子はなかったのに…
こんなに突然、状態が変わってしまうものなのか?と、ショックでした。

金曜日は病院の先生がお休みだったので、病院には今日行ってきました。
まず、レントゲン撮影。
骨折や脊髄の損傷は見られず、どこかから落ちて…という可能性は無し。
下半身が突然麻痺する可能性として、骨折以外で考えられるのは…

血栓塞栓症 という病気だそうです。

これは、血が固まってできた血栓が血管に詰まってしまう病気です。
すでに足に血が通わなくなってきていて、そのために麻痺してしまっています。
酷なことですが、完治は難しく
抗凝固剤投与によってわずかながら延命できる可能性はありますが…
それで血栓が小さくなってくれるかどうかもわかりません。


いっそ骨折だった方がよかったと思うほど、最悪の病気になってしまったようです。
もみじはもともと出血しやすい体質でした。
そういうことも影響していたかもしれません。

私がもみじにこれからしてあげられることは何だろう?
と、考えてもあまり考えが浮かんできません。
食事は手を使わずに食べられるようにぐちゃペレにしたり。
トイレはいっそ撤去してしまうとか。
給水器の位置を低くするとか。
段差をなくし、動きやすいようにケージ内に何も置かないようにするとか。
下半身をズルズル引きずって歩いているのが痛そうで、床材になにか工夫できないか?
と思うのですが、なかなかいい案が浮かびません。

この病気について、何かご存知の方がいらっしゃったら
どんなことでもいいので教えていただきたいです。


それから、目の傷は、この病気とはあまり関係ないようです。
たぶんもみじが自分で引っ掻いてしまったんだと思います。


うめじのくるくると、落葉くん便り   
どうも。

朝ウマウマオヤジの出勤時、
玄関でゴキ○リの死骸を見つけて大絶叫! の、ろぼ吉です。

我が家での出没はたぶん8年ぶりくらいですが
いつのまに出てきて、なぜ玄関で成仏してたのかは謎です。
…が、想像するだけでサムイボがポツポツポツポツ…

あ、もちろん私は直視できないのでドアの後ろに隠れながら
ソイツはウマウマオヤジがティッシュで包んで持って行きました。
結局、駅のゴミ箱に捨てたようです。


夏の終わりにトンだ来客があったもんですが、嬉しい便りも。
ウメモモの兄弟・落葉くんの里親さんから久しぶりにメールが届きました。
元気そうな写真付き。

落葉くん

なんだか顔つきが随分凛々しくなった気がします。
今年の夏は元気に腹出し寝で乗り切ったようです。

里親さんに託して以来、落葉くんとは一度も会ってはいませんが
ウメモモを見るときに必ず落葉くんにも思いを馳せてしまいます。
もみじウメモモと同様に、たぶん体格は小柄な子だとは思いますが
2匹の奥さんと合計7匹の子供たちのパパになり、
積極的に子育てにも参加する子煩悩ぶりで
ウメモモが経験できなかったこともたくさん経験しているのを聞くと
本当に嬉しい限りです。

親子そろって   
どうも。

ウマウマオヤジが仕事で泊まりとか、飲み会で夕食いらない、とか。
そういう日の朝はとびきりの笑顔で送り出す、ろぼ吉です


朝晩がめっきり涼しくなって、エアコンの出番もだいず減りましたね?。
昼間でも窓を開けておけば気持ちいい風が入ってきて
なんとなくハムズの野良寝布団を1枚プラスしてあげたくなるほど。

季節ってちゃんと変わっていくものなのね(笑)


先日遅ればせながら野良寝を始めたももじに遅れること2日、
9月になってもみじもやーっと、野良寝を始めました。

もみじも野良寝デビュー

これがまた例の場所で(笑)!!

この場所を好んで野良寝するのはDNAなのか?
それとも同じレイアウトだからなのか!?


もみじに野良寝を誘導するのはちょっと大変でした。
うめじの場合は自分から進んで野良寝生活をスタートさせました。
ももじの場合は、強制的にトイレベッドを撤去したところ、渋々(?)野良寝生活に。
もみじの場合、
以前たまたま間違えてトイレとベッドの位置を逆に置いてしまったところ
砂の入ったトイレに布団を移動させてしまいました。
場所でトイレとベッドを区別しているきっちり者のもみじなので
レイアウトの変更はなかなかできない子だったのです。
それでもしつこく何度か野良寝を誘導するうちに
やっと自分で布団を運んでいったのが、ウメモモが選んだあの場所でした。


もみじ、うめじ、病院。   
どうも。

ひと夏で、キ○カン2本使い切る、ろぼ吉です。
もちろん、ひとりで


…こういうときに使うの?

どんだけぇ?????!?

……


先週の水曜日の夜、いつものようにお世話をした後
お皿の中のペレぜーんぶホッペに詰め込んで寝床に戻ったうめじ

ホッペぱんぱん!

食べる気マンマン!
でもそんなにいっぱい詰めたら、苦しくないか?
(ちなみに右のホッペの方にたくさん入れているらしい)

…案の定…?
この直後からうめじの様子が急変しました。
いつもならホッペの中身を隅っこに出して、食べるなり寝るなりするはずのうめじ
なぜかこの状態のままじーーーっとうずくまって動かなくなりました。
不安は的中し、翌木曜日も、金曜日も
うめじは豆腐でさえもまったく口をつけず、
ただ苦しそうに横たわり続けていました。

でもやっと、金曜の夜日付が変わったあたりから
ブロッコリーや豆腐をちょっとずつ食べ始め
寝方も呼吸も落ち着いてきました。


毎週のように、こんな感じのうめじです。
2?3日急に容態が悪化し、その後3?4日落ち着く…という感じ。
今は野菜中心ですが、食欲もあって落ち着いています。


そしてもうひとつ。
実は木曜の夜、もみじがまた出血しちまいました