だらだら~っと、ほっこりと、ゆる~い日常です。
    
スポンサーサイト   
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
つつじアルバム2   
どうも。
ペットショップに行ってきたけど、
今日は挨拶してきただけの、ろぼ吉です。

だって。
雨降ってるし、寒いし。
時間もまだ少し早めだったのでみんなぐっすり眠ってて。
無理に起こして寒い外に連れ出すのも可哀想だったので。

っていう以前に、みんな小屋の中ですし詰め状態で寝てたから
目当ての子を見つけられなかったんだけど

来週以降かなー……



というわけで。
つむ児のひとりっ子生活はもうちょっと続きます。

あ、そうそう。
昨日からケージに毛布をかけることにしました。
つむ児は寝床にティッシュとペパレミを
詰め込めるだけ詰め込んで寝る子なので
寒そうではないんだけど、朝晩の寒さはやっぱり心配なので。

去年の日記を見たら、毛布を出すのは今年は1週間早かった。

ぬくぬくと寝てるつむ児と違って、
羽根布団を先週も出しはぐったお世話係は
いまだに毛布とタオルケット2枚重ねで寝ております



さて、今週もつつじを振り返ります。


2008年9月、つむ児をお迎えした日の祝いの膳。

2008年9月

つつじは外でウマウマをもらってもその場では食べず
必ずお持ち帰りして食べる子だった。

2008年9月撮影

自分のおうちの中ではカメラにも愛想のいい子だった。

2008年11月撮影

おうちの中だったら、貰い方も必死だった。


つつじのお食事


つつじはカボチャが大好きだった。
いつも真っ先にお持ち帰りするのがカボチャ。
お迎えしてからほぼ毎日美味しそうに食べてくれたのに
今考えてみると、調子の悪くなる2?3日前から
カボチャに手を付けなくなってたなぁ……


スポンサーサイト
つむ児、ひとりっ子中   
どうも。
嵐ちゃん祭り中につき、テレビ漬けの、ろぼ吉です
秋は毎日ドラマも面白いし、
それに加えて嵐ちゃんがテレビに出まくってるもんだから
もう?テレビ見るのが大変です

この分だと来週は更新する余裕がないかも?


許せ、つむ児

DSCN0697.jpg

ひとりで遊んでるから別にいいでしゅよ

こちらは現在生まれて初めてひとりっ子中のつむ児

12匹兄弟で生まれて、1ヶ月ちょっとの間を兄弟たちと過ごしたつむ児
考えてみたら、そんな競争率の激しそうな環境で
よくここまでマイペースになったもんだ(笑)
男の子兄弟の中でもちえさんちのぽーたろーや
元親まっこーさんちのエビスくんのように活発な子もいれば
同じまっこーさんちでも龍馬くんのようにマイペースな子もいる。
龍馬くんとつむ児はずっと仲良くて一緒にいた。
容姿が似てるだけでなく性格も似てるから
きっと気が合ったんだろうなぁ。

ろぼ吉家に来てからは、つつじやしゃも児がいた。
しゃも児はどっちかって言うとお互いにあんまり興味持ってなかったけど
つつじとは少なくとも意識し合ってたはず。
だからつむ児は今初めて自分以外のハムがいない、ひとりっ子中。

DSCN0708.jpg

最近食欲でいい感じ。
でも体重はあんまり変わらず、122g前後。

DSCN0746.jpg

食欲の秋でも体型キープは羨ましい。
私は最近またGパンがきつくなった……


つむ児は本日、1歳3ヶ月を迎えました!


つつじアルバム   
どうも。

先日仕事中、絵本コーナーで『虹の橋』を見つけて
思わずページをめくって号泣しそうになった、ろぼ吉です。


仕事中に読んじゃいかん本だったなぁ……


とりあえず、
一番目立つところにディスプレイしておきました (← ある意味職権乱用?)



虹の橋で私を待っていてくれてるはずの歴代ハムズ。
いつか追いかけるから、みんなで出迎えてね。




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


というわけで。

つつじの未公開写真もたくさんあるので
ろぼ吉家で過ごした、
1年5ヶ月間のつつじの短い生い立ちを振り返ります。


2008年4月撮影

2008年4月下旬、お迎え直後のつつじさん。
誕生日は3月上旬ということだったので
このとき生後約2ヶ月経つか経たないか、という頃。

2008年4月撮影

この時の体重はまだ33g。
まだまだあどけなさの残るおチビさん。

2008年4月撮影

ジャンのしゃも児(当時53g)と大きさ的にも大差なかった(笑)


つつじが来た日


つつじをお迎えしたその日に撮影した動画が残ってた!
そういえば、トイレの中の砂がペパレミになってる。
ろぼ吉家では固まるタイプの砂を使ってて
つつじはいきなりそれを口に入れてしまったので
急遽ペパレミを入れて代用したんだった。
その後、砂浴び用の砂を買ってきてしばらく慣れさせて
つつじがトイレ砂を口に入れないようになってから
固まるタイプの砂に戻したんだったっけ。

まだ軽いつつじ。
いきなり21センチのクルクルは大きすぎて……
上手に走ってるけど、止まった時クルクルの惰力が抑えられない。
つつじは止まってるのに、クルクルがしばらくユラユラ揺れてて
見てるこっちが目が回りそうだ(笑)

つむ児の新居   
いつものように背伸びして脱走を試みるつむ児ですが……

DSCN0694.jpg

あれ?届かないでしゅ

どんなに手を伸ばしても届かない。


だって。

衣装ケースを新しくしたんだもの(笑)


今度の衣装ケースは今までのものより高さが3cm高くなりました!

たった3cm。
されど3cm。

このたった3cmがハムにとっては大きいのだ。
脱走が得意だったつむ児もこれにはなす術なく。

DSCN0704.jpg

恨めしそうに見ております


つむ児、新居へ

[広告] VPS


腹いせに新しい遊びを覚えたか?
普通に回すよりも上手に回してる(笑)

DSCN0695.jpg

すっかり朝晩は涼しくなったようで
人間が感じている以上にハムは秋を実感しているのかも?
先週後半から、
つむ児がおうちの中に詰め込むペパレミの量が増えました。
なので、今週からティッシュ布団1枚増量です。



(余談)

らくちんFLVメーカーが使えなくなったことで、
昔の動画が見られなくなった!
フリクリに移行すればいいんだろうけど、面倒くさい…
この際、FC2動画を使ってみようと思って、
今回使ってみたんだけど、なんかこれもイマイチ使いにくいなぁ。
ご心配なく……   
つつじにたくさんのコメントをいただき、
ありがとうございました、ろぼ吉です。

今回はなんだか妙な感覚です。
今まで経験したことのない、不思議な感覚。
愛ハムと突然お別れしたというのに、
“喪失感”というものが、無いんです、まったく。

薄情なんでしょうか?私……。


コメントを読んでいるときやお返事を書いているとき。

ケータイの待ち受けでつつじの写真が出てきたとき。
(私のケータイの待ち受けは、歴代ハムズがランダムで登場します)

もちろん日常でふとつつじのことを思い出すきっかけがあって
そんなときは涙が堪えられなくなったりするのですが。


つつじを亡くして1週間以上経ち、
今までの歴代の子たちなら
まだなんとなくそこに居るような気配を感じたり
名前を間違えて呼んでしまったり
いなくなったことを現実としてどこか受け止められないでいるような時期なのに。

今回はそういうことがまったく無いんです。

まるで、つつじがいなくなったのがもう何ヶ月も前のことのような……。

つむ児のケージがひとつだけ置かれている我が家のハムスペースに
なんの違和感も感じない。


つつじが亡くなった翌日の月曜日の深夜に
つつじを埋葬しました。
それから毎日、
そのお墓がひっそりとある場所を毎日部屋の中から眺めて
つつじのことを思い出す時間はたくさんあるけれど
寂しさとか辛さとか、そういう感覚はないんです。


つつじが病気と闘っていた最後の4日間の記憶が
スッポリ抜けてる……というか。

亡くなる前日の夜は入院させていたから
一番つつじが辛かったときを私は見ていない。

だからかな?

看取った最期の記憶はあるけれど、看病したという記憶はない。
異変に気づいて、病院に連れて行って
それからはあっという間で。

まるで、つつじがある日突然フッと、
煙のように消えてしまったような……というのが一番近いのかな?
つつじを埋葬した翌朝から、ずっとそんな感覚で。
すでに私の中では思い出になってしまっているんです。

こんなこと、今までの子たちにはなかったことで。

現実としてしっかり受け止めて、思い出になったのか。
それともまだ悲しい夢から覚められずにいるのか。

そのどっちなのか、わかりません。

うまく、説明できないのですが。


そんな状況で、
気持ちの整理がついてるような、ついてないような?
自分でも戸惑ってるんです。
だから、なんて書けばいいのかわからなくて
ブログからもパソコンからも遠ざかっていました。


でもおかげさまで、私は元気です。
毎日元気にやってます。

ブログをサボりがちなことで、
もしかしたら皆さんにご心配をおかけしてしまっていたかもしれませんが
……申し訳ないくらい変わりなく元気にやってますので
ご心配なく……


またボチボチ再開していきます。
                              
         
    
                        
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。