だらだら~っと、ゆる~いハムスターとの日常。気が向いたら更新。
    
スポンサーサイト   
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ひとりっ子、こさじ   
どうも。
こないだまでタオルケット1枚で寝ていたのに
慌ててダウンコートを引っ張り出している、ろぼ吉です。

この季節の急変ぶりに、人は慌てて冬支度してますが
あと数日で1歳を迎えようというこさじ
特別変わったこともなく、元気に過ごしております。

IMG_0210.jpg

相変わらずカメラが使いこなせず、
ムーミンオバケ みたいになっちゃってますが(笑)

これはこれで、なーんかボツにできない
気に入ってしまった写真です。

朝晩はかなり冷え込むので、先週からケージにひざ掛けをかけています。
これまでは2つ、もしくは3つ、4つの衣装ケースに毛布をかけていたのが
小さめのひざ掛け1枚で覆えてしまうたった1つの衣装ケース。
この状況はなんだかものすごく久しぶりな気がします。


つむ児にたくさんのお悔やみコメント、メール、お花など
本当にありがとうございました。
コメントは何度も読み返させていただいていますが
それぞれのお返事は、申し訳ありませんがこの場を借りて代えさせてください。



つむ児の旅立ちから1週間経ち、
気持ちとしては「もう1週間経ったんだ」という感じです。
埋葬し、一区切りついたというか、落ち着いています。
最後の1週間はいつもつむ児が心配で
仕事の日も昼休みには帰ってきて、
昼食を慌てて食べつつつむ児にミルクやカロリーエースを飲ませる毎日でした。
家にいるときは常につむ児の様子が見える場所にいて
24時間ほとんどつむ児のことばかり考えていた日々。
今は昼休みは職場で同僚とおしゃべりしながらゆっくり過ごし、
帰宅後は久しぶりに本を読んだり、
また元の生活に戻ったんだなぁ、と実感しています。

1週間、というよりまだそんなに時間が経った実感はなくて
ホッとしたり落ち着いた気持ちとは真逆な気持ちもありつつ、
なんだか時間の経過と気持ちが合致してないような、妙な感じですが
“悔い”が残るお別れではなかったことは、つむ児に感謝しています。


スポンサーサイト
つむ児、2歳2ヶ月と29日   
10月20日午後11時11分、
つむ児は旅立っていきました。

きれいで、可愛くて、賢くて、優しくて、甘えん坊で、
でも忍耐強くて、勇敢で、頼もしくて。
つむ児とは、なんだか本当に言葉が通じていたような気がする
そんな不思議な王子さま。



2歳2ヶ月と29日。
あとほんのちょっとで2歳3ヶ月目前でした。

いままでつむ児を可愛がって応援してくださった皆さま。
心配してくださった皆さま。
本当にありがとうございました。


新しいカメラで、つむ児編   
どうも。
クシャミしたら舌噛みましたが、なにか?ろぼ吉です。


なんて、上から口調で言えるようなことじゃないですが。
あまりにもマヌケすぎて、誰かに言いたい(笑)
そのくせ、実際舌に穴開いて出血という大惨事
せめて。
誰もこの痛さを変わってくれることができないのなら
・・・・・・笑ってくれ。

ってなワケでの、上から口調です


先週は風邪のひき始めで、ご心配おかけしました。
こじらせる前になんとか治しましたので、今はぜーんぜん平気です
・・・・・・クシャミはしますが。


ところで。
相変わらず新しいカメラに慣れないままですが

IMG_0092.jpg

やっぱり色はきれいだなぁ

かわいい子はかわいいまんま、
カメラマンの腕が未熟でも、写ったものは嘘をつかないもんです。

IMG_0140.jpg

お散歩途中に私に登ってきて休憩するつむ児


新しいカメラで   
どうも。
風邪薬にもてあそばれてる、ろぼ吉です。

昨日の朝、ノドがちょっと痛いなぁ、と思ったので
早めに手を打とうとノドの炎症に効果的な風邪薬を買って飲んだら
効果があったのか今朝には違和感もなくなったものの・・・・・・
仕事に出勤したとたん鼻がムズムズと
職場はホコリっぽいし、花粉かぁ?(笑) なんて同僚と話してたんですよ。
それが。
帰宅後、クシャミ鼻づまりが悪化!
鼻炎用の風邪薬は常備してなくて、
とりあえず総合風邪薬と栄養ドリンクを飲んで明日に備えている状況です。

まぁ、まだ風邪の初期症状なんでしょうが。

急激に秋が深まった今日この頃、
皆さま、いかがお過ごしでしょうか?

こんな状況でも、ろぼ吉家の寝具はタオルケット1枚です。
(↑ たぶんコレがいけない)


チッコまみれでおうちを撤去されてしまった自業自得のこさじさんは

IMG_0170.jpg

野良寝ですが、意外とぬくぬくと過ごしておられます。

IMG_0059.jpg

こさじさんの新しい寝床は、
ちゅべり台とシーソートンネルの間の隅っこ。

DSCN1504.jpg

以前はおうちとシーソートンネルで囲われた『書斎』と呼ばれてたスペースです。
おうちの代わりに、小さな木のおうち ( お皿の隣 ) を置いてみましたが
こちらにはあまり入ってくれません。

寂しいので、ウマウマの隠し場所にしています。
なので、とりあえず一晩に1回はウマウマを食べるために入ってくれてます。



                              
         
    
                        
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。