だらだら~っと、ゆる~いハムスターとの日常。気が向いたら更新。
    
暑さはまだまだ   
どうも。
残暑お見舞い申し上げます。

残暑とは言っても、本当に暑さが堪えるのはこれから
仕事から帰ってくるといつもTシャツがベッチョベチョです
化粧なんか昼にはほぼ崩れてるし

それでも、夏バテ知らずな女、ろぼ吉です。
……正確には、どんなに暑くてもガッツリ食べたい女、です。


ろぼ吉家のハムズはあまり変わりなく。

あ、昨日1年以上ぶりくらいに、うな児の水飲み姿を見ました(笑)

IMG_1310.jpg

……シャッターチャンスは見事に逃しましたが

あまり量は飲まないけれど、さすがにちょっと喉が渇くんだろな。
ずーっと水を飲んでる姿を見かけてなかったので
ボトル設置しなくても大丈夫なのかなー?と思ってしまいましたが
やっぱり夏は怖いので、設置しといてよかったと確信しました(笑)


こさじもあまり変わりはありません。

IMG_1304.jpg

見た目にもだいぶ痩せたし、
足取りもかなり危なっかしくて転がってばかりだけど
本当に穏やかに過ごしてくれてます。

ちょっと右目が閉じたままになることが多くなったので
1日1回目薬を点すことになりました。
そのかわり、2種類だった飲み薬のうち抗炎症剤はやめました。
飲み続けてる抗生剤はちょっと苦くてこさじは苦手なのに
ちゃんと飲んでくれるので薬のお世話はラクです。

結果、今のところ目の調子はよくなりました。
おなかのしこりにも目立った変化はありません。

こうなると、歯のカットの通院が苦痛にならないかと心配になってきます。
今の状態だとどっちにしても通院はやむを得ないけれど
歯がちゃんと生えていてくれたら
もっといろんな美味しいものを食べることもできるし
今ももっと食事がラクになってただろうなぁ、と。

いつか、おなかが風船のように膨らんで苦しくなる日がくるかもしれない。
足の自由が完全にきかなくなって、
クルクルに上ることもできなくなるかもしれない。
だけど、どんな障害が出てきたとしても、
きっとこさじは諦めずに生きようとしてくれるはずだから。
私は見ていてあげることくらいしかできないけれど
ずっとそばにいるからね。
「暑い」しか言えない   
『図書館戦争』実写映画化キター!
どうも、寝不足のろぼ吉です。

や、ご存じない方はなんのこっちゃ?でしょうが
ご存じの方ならテンション上がるんじゃないでしょうか?
今日の職場では「おはよう」代わりに
「実写ですよっ!とうとう!」「マジっ!誰?」
ってな感じになってました(笑)

楽しみだけど、原作の世界に遠い感じになっちゃったらガッカリだし
でも実写で見たかったからやっぱ嬉しいし……難しいなぁ





……ねむい。


あ。

IMG_1208.jpg

こんなところに小人がいるよ(笑)
(なんかヒトっぽくないか?)


--------------------------------------------------


こさじもうなじも、つつがなく過ごしています。

こさじのおなかのしこりは、少し大きくなったものの
触らないとわからない程度の大きさ。
食べる量はちょっと減ったけれど体重はほとんど変化なし。

最近は砂ホリホリがブームみたいで
掃除してせっかくきれいになったケージに
砂をまき散らすのが日課になってます

以前から時々閉じたままになってた右目が
寝起きはいつも閉じていて
もしかしたら歯の根元の問題が目にも影響しているのかもしれないと
先生は推測しています。
あまり薬を増やすのもよくないので
抗炎症剤と抗生剤の2種類は変わらず、目薬は出してもらってません。
顔の右側の毛がところどころ抜けてきてます。

本日、2歳9ヶ月の月誕生日です


5日に1歳10ヶ月を迎えるうな児は特に問題なし。
こうして改めて月誕生日を意識すると
うな児も結構なおじいちゃんだ。
全然そんなふうに思えないのは、こさじがいるおかげなのかな?