だらだら~っと、ほっこりと、ゆる~い日常です。
    
スポンサーサイト   
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
冷静なうな児   
どうも。
幽体離脱?ろぼ吉です。

ウマウマオヤジのお迎えで6日連チャン深夜のドライブです。
やっと寝ても1時間足らずですぐ起きるような感じで
寝た感じがしない
疲れが取れない

で、今朝ウマウマオヤジが出勤した後2時間くらい二度寝できたんだけど
久しぶりにガッツリ深ーく寝入ってたみたいです。
アラームが鳴って反射的に止めて、そのまますぐに起きられずにいたら
うっすら三度寝しそうな感じで……

ヤバイ!起きなきゃ!仕事行かなきゃ!!

って意識はあるのに、体がビクともしない!
指ひとつ動かせないっ!
しかも、その自分の姿を傍に立って見ている私っ!

なにこれっ!どーなってんのっ!?

ってな感じで、たぶんホンの一瞬くらいの時間だったんだと思うけど
奇妙な体験をしてしまいました。

で、幽体離脱ってこんな感じなのかなー?と。
大丈夫かなー?私


昼間は全然問題なく仕事行ってるんだけどね(笑)


IMG_1349.jpg

なんか違うよー

うな児の好物の乾燥リンゴのおやつ。
いつもと同じのを買ってきたのに、なんか中身が変わっちゃって
リンゴチップスみたいになっちゃった。

いつから変わったんだ?

うな児はそれでも結局喜んで食べてるのでいいけどー
スポンサーサイト
うな児の背中   
どうも。
意外と?元気でやってる、ろぼ吉です。

こさじとの突然の別れから10日程経って、
気持ちはもうずいぶん振り切れてます。
悲しいことよりも、こさじとの楽しかったことの方が思い出せるから。

でも、まだお世話になった病院の先生への報告ができてない
こればっかしはいつもハードルが高い。


1年4ヶ月もお世話になったんだし、
こさじがいなくなったからそれっきり……、ってわけにもいかないなぁ。
とは思うんですけどね。
なかなかすぐには感極まっちゃって電話もできないし。
日が経ちすぎてもなかなか、ねぇ?

いつも予約して行くわけではないけれど
先週が歯切りのタイミングだったので
来ないとなるとそろそろ先生も
感づいてらっしゃるんじゃないかとは思うんだけど……

って思いながら、実は今までこういうとき
きちんとお知らせできたことがほとんどない私です。
メールで出来たら少しは気がラクなんだけどなぁ。なんて。

数か月後には誰かがまた通院するようになって
そのとき「実は……」と報告するのが通例になってるんですが……


まだまだうな児は病院とは無縁でいてほしい。

IMG_1327_20120917201308.jpg

なんか。
背中というよりその下に敷いてるモノに目がいっちゃうけど
こさじのこと   
どうも。
ケータイからご覧になってくださっている方、
長いですよ、ろぼ吉です。


………………………………………………………


冷たくなったこさじを見つけたときは、
妙な感じで、なにも感じませんでした。
なぜかすごく冷静で、状況はよく理解できているのに
一粒も涙が出なくて。

こさじのやや乱れた感じの毛並みをブラッシングして、
淡々とうな児にご飯をあげて、
仕事に行く支度をして、少し時間が出来たので前記事をアップして。
書いてたら、急に“実感”が湧いてきて、こみあげてきたりして。

いかんいかん、これから仕事なんだから。

バレないようにしっかりアイメイクしてったのに
甲斐もなくあっさり同僚にバレて。
仕事中、思い出さないように必死で堪えてました。


一緒に居た時間が他の子たちよりずっと長かったせいか
寂しさがじわじわ押し寄せてくるみたいです。

今はだいぶ、落ち着きました。


こさじのおなかにあったしこりは、急激に大きくなるようなこともなく
ただ、チッコが溜まると風船みたいにパンパンになって
しばらく時間が経つとチッコが出たのかおなかも元通りになる感じで。

ずいぶん痩せて、体重は28g。
それでも食欲は最後まであったのがこさじらしくて、
いつもガツガツぐちゃペレを平らげてくれました。
最後のお皿もきれいに空っぽにしてくれて、ありがとう。

トイレの砂場にはちっちゃなチッコ玉が数個残ってて。

もうすぐその時を迎えるっていうのに
私が全然気づかないから
こさじなりのメッセージを残していってくれたような気がします。
おかげで、こさじの弱っていく姿を見なくてすんだ。

後ろ足に力が入らなくて体を支えることができなくなって
まっすぐ前に進めないから右へ左へフラフラして、すぐ転んで
でもこさじはいつも起き上がって進もうとしてた。
だから力強くて、
「まだまだ大丈夫!まだまだ心配ないで!」
って言ってる気がしてた。


先週、歯のカットをしに病院に行ったときに先生と相談して
抗生剤はやめて様子を見ましょうか、ってことになって、
目薬の点眼だけにしたんだけど、経過は安定してたし
おなかはパンパンになってもチッコもウンピもちゃんとしてたし。

最終的には病気ではなく、老衰で
ある日いきなりお別れがやってくるんじゃないか、って気はしてたけど、
このまま3歳も絶対迎えられる!って気もしてた。


IMG_1313.jpg

亡くなる2日前の夜に撮った最後の写真。
ご覧の通り痩せて、
実は目の下から胸くらいにかけてはほとんど脱毛状態でした。
だから顔の写真は可哀想すぎて撮れませんでした。
脱毛の原因はおそらく、ぐちゃペレで汚れてしまうからだと思います。




実はこの写真を撮った翌朝、つまり亡くなる前日の朝
事件がありました。

私が出掛けようとしてこさじを見ると、
このお皿の上で仰向けにひっくり返って動けなくなっていました。
ときどきお皿に乗っかってしまって、足元がよく汚れていたんだけど
たぶんそんなふうに乗っかって、運悪く転んで
粘度のあるぐちゃペレが背中に張り付いたせいで
ひっくり返ったカメみたいに
起き上がれなくなってしまったんだと思います。

見つけたときはもがき疲れて、半ば諦めちゃってる感じでした。
少し前にご飯を食べてるのを見てたので
そんなに長時間そのままになってたわけではないと思います。
すぐに救出して、濡れタオルで体を拭いたけれど
ぐちゃペレのベトベトは完全には拭き取れなくて
かなり毛はバサバサになってしまったけれど、
夜に帰ったときはいつもどおりの元気な顔を見せてくれて
まさかその数時間後に逝ってしまうなんて思いもしなかった。

お気に入りの寝床で横になったまま冷たくなっていたこさじは
おなかもパンパンじゃなかったし
触ってもしこりもわからないくらいで
一体なにが原因だったのかわからないくらい普通でした。



こさじの形見。

IMG_1326.jpg

約1年と4ヶ月通ってカットし続けた、こさじの歯。
1本が5㎜ほどの長さ。
これで全部なんだけど、なんだか通った回数より少なく見える。
でもこれは、こさじが頑張った証しだ。

1年4ヶ月。
こさじの一生の半分近くは、
ぐちゃペレと潰した茹で野菜しか食べられなかったんだなぁ。
もっとたくさん美味しいもの食べさせてあげたかった。



未公開写真もこんなに残ってるのに。


DSCN0855_20120907043157.jpg
DSCN0883.jpg
DSCN0897.jpg
DSCN1094.jpg
DSCN1130_20120907043423.jpg
DSCN1197.jpg
DSCN1310.jpg
DSCN1317.jpg
DSCN1374.jpg
DSCN1404_20120907043643.jpg
DSCN1679.jpg
DSCN1722_20120907043739.jpg
DSCN1812_20120907043822.jpg
IMG_0301.jpg
IMG_0682.jpg
IMG_0869_20120907044039.jpg

こさじ、
うちの子になってくれて、ありがとう。
こさじ   
こさじが旅立ちました。

2012年9月6日未明、2歳10ヶ月と4日。
大往生、だったんじゃないでしょうか。
最期を看取ることはできませんでしたが、
とても静かに逝けたんじゃないかと思います。

DSCN0952_20120906083147.jpg



何から書けばいいのか……。

最近は早朝にご飯のお世話をすることが多くなっていました。
今朝もいつも通り、こさじのお皿を洗いながら
カボチャとニンジンを茹で、ハムセレを15粒お湯でふやかし、
ミルクを作ってから、こさじが寝床から出てくるのを待ちました。
なかなか起きてこないので寝床を覗きこんだら、
こさじはすでに冷たくなっていました。

お皿はきれいに空っぽになっていたし、
昨夜ご飯を食べている姿も、砂場でチッコしている姿も
転がりながらクルクルに乗る姿も
いつもと何も変わりなかったのに。

夜中に私がこさじの横でテレビを見ているときも
うたた寝をしていたときも
こさじはいつもどおり寝ているんだと思って、
まさかその頃、その時を迎えていたなんて気づきもしなかった。
すぐそばにいたのに、ちゃんと看取ってあげることができなくて
ごめん!


今は、まだ実感湧かなくて。

でも、
これを書きはじめたら急にいろんなこと思い出してきて。
これ以上なにも書けません。


もう少し落ち着いたら、書きます。
                              
         
    
                        
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。