だらだら~っと、ほっこりと、ゆる~い日常です。
    
こさじのこと   
どうも。
ケータイからご覧になってくださっている方、
長いですよ、ろぼ吉です。


………………………………………………………


冷たくなったこさじを見つけたときは、
妙な感じで、なにも感じませんでした。
なぜかすごく冷静で、状況はよく理解できているのに
一粒も涙が出なくて。

こさじのやや乱れた感じの毛並みをブラッシングして、
淡々とうな児にご飯をあげて、
仕事に行く支度をして、少し時間が出来たので前記事をアップして。
書いてたら、急に“実感”が湧いてきて、こみあげてきたりして。

いかんいかん、これから仕事なんだから。

バレないようにしっかりアイメイクしてったのに
甲斐もなくあっさり同僚にバレて。
仕事中、思い出さないように必死で堪えてました。


一緒に居た時間が他の子たちよりずっと長かったせいか
寂しさがじわじわ押し寄せてくるみたいです。

今はだいぶ、落ち着きました。


こさじのおなかにあったしこりは、急激に大きくなるようなこともなく
ただ、チッコが溜まると風船みたいにパンパンになって
しばらく時間が経つとチッコが出たのかおなかも元通りになる感じで。

ずいぶん痩せて、体重は28g。
それでも食欲は最後まであったのがこさじらしくて、
いつもガツガツぐちゃペレを平らげてくれました。
最後のお皿もきれいに空っぽにしてくれて、ありがとう。

トイレの砂場にはちっちゃなチッコ玉が数個残ってて。

もうすぐその時を迎えるっていうのに
私が全然気づかないから
こさじなりのメッセージを残していってくれたような気がします。
おかげで、こさじの弱っていく姿を見なくてすんだ。

後ろ足に力が入らなくて体を支えることができなくなって
まっすぐ前に進めないから右へ左へフラフラして、すぐ転んで
でもこさじはいつも起き上がって進もうとしてた。
だから力強くて、
「まだまだ大丈夫!まだまだ心配ないで!」
って言ってる気がしてた。


先週、歯のカットをしに病院に行ったときに先生と相談して
抗生剤はやめて様子を見ましょうか、ってことになって、
目薬の点眼だけにしたんだけど、経過は安定してたし
おなかはパンパンになってもチッコもウンピもちゃんとしてたし。

最終的には病気ではなく、老衰で
ある日いきなりお別れがやってくるんじゃないか、って気はしてたけど、
このまま3歳も絶対迎えられる!って気もしてた。


IMG_1313.jpg

亡くなる2日前の夜に撮った最後の写真。
ご覧の通り痩せて、
実は目の下から胸くらいにかけてはほとんど脱毛状態でした。
だから顔の写真は可哀想すぎて撮れませんでした。
脱毛の原因はおそらく、ぐちゃペレで汚れてしまうからだと思います。




実はこの写真を撮った翌朝、つまり亡くなる前日の朝
事件がありました。

私が出掛けようとしてこさじを見ると、
このお皿の上で仰向けにひっくり返って動けなくなっていました。
ときどきお皿に乗っかってしまって、足元がよく汚れていたんだけど
たぶんそんなふうに乗っかって、運悪く転んで
粘度のあるぐちゃペレが背中に張り付いたせいで
ひっくり返ったカメみたいに
起き上がれなくなってしまったんだと思います。

見つけたときはもがき疲れて、半ば諦めちゃってる感じでした。
少し前にご飯を食べてるのを見てたので
そんなに長時間そのままになってたわけではないと思います。
すぐに救出して、濡れタオルで体を拭いたけれど
ぐちゃペレのベトベトは完全には拭き取れなくて
かなり毛はバサバサになってしまったけれど、
夜に帰ったときはいつもどおりの元気な顔を見せてくれて
まさかその数時間後に逝ってしまうなんて思いもしなかった。

お気に入りの寝床で横になったまま冷たくなっていたこさじは
おなかもパンパンじゃなかったし
触ってもしこりもわからないくらいで
一体なにが原因だったのかわからないくらい普通でした。



こさじの形見。

IMG_1326.jpg

約1年と4ヶ月通ってカットし続けた、こさじの歯。
1本が5㎜ほどの長さ。
これで全部なんだけど、なんだか通った回数より少なく見える。
でもこれは、こさじが頑張った証しだ。

1年4ヶ月。
こさじの一生の半分近くは、
ぐちゃペレと潰した茹で野菜しか食べられなかったんだなぁ。
もっとたくさん美味しいもの食べさせてあげたかった。



未公開写真もこんなに残ってるのに。


DSCN0855_20120907043157.jpg
DSCN0883.jpg
DSCN0897.jpg
DSCN1094.jpg
DSCN1130_20120907043423.jpg
DSCN1197.jpg
DSCN1310.jpg
DSCN1317.jpg
DSCN1374.jpg
DSCN1404_20120907043643.jpg
DSCN1679.jpg
DSCN1722_20120907043739.jpg
DSCN1812_20120907043822.jpg
IMG_0301.jpg
IMG_0682.jpg
IMG_0869_20120907044039.jpg

こさじ、
うちの子になってくれて、ありがとう。
              
コメント

カットした歯を残してあったんですね。
こさじちゃん、立派です。
ありがとう。
そしてろぼ吉さんにもありがとうです(涙)
---------- ぷくぷく [ 編集]* URL * 09/07, 22:07 -----

いつまでも生きているのもツライから。
終わりのないものなんて地球にはない。

いつものように飼い主さんがそばにいて
ゴハン食べて、寝たまんま旅立てたのは
ほんとうにシアワセだったです。

いつかは必ず死ぬんだから、だからこそ、
どう生きるかが大事なんだと思います。

虐待されて殺される動物も多いのに、
いい飼い主さんに巡り合えた こさじ君は
ほんとうにシアワセだったです。

こさじ君の、そんな、シアワセの心や、
飼い主さんの涙やありがとうの心は、
それだけで終わりなんかじゃなくて、
そこからまた何か良いものが生まれてくるのです。

良い結末で、ほんとうに良かった。(^_^)
---------- ビショップ [ 編集]* URL * 09/08, 06:44 -----

こったん、大往生でしたね。
丈夫で可愛くて、こんなに長生きしてくれて・・・ありがとう。

こんな感じに、ひーちゃんとアヤちゃんも、晩年は写真を撮るのも
可哀相なるくらい毛が抜けちゃってましたねぇ~・・・、
こったんは歯が折れてからは、ハンデがあったのに、
ホンマ最期までよう頑張ったねぇ。。。

こったんのカットした歯・・・一瞬ペパレミに見えたくらい、
こんなに沢山・・・(T 。T) ぐちゃペレのお世話に、長きに渡る通院に、
ろぼ吉さんには、本当感謝のしようがありません・・・。

こったん、いいママに巡り合えて本当ヨカッタねぇ~v-352
まだしばらく喪失感で、お辛いと思いますが、元気出して下さいね。
---------- えーきち [ 編集]* URL * 09/08, 07:53 -----

ろぼ吉さん、お疲れ様。。。。
こさじちゃんのお世話が多かった分、その悲しみは大きく長く
そして思いではつきませんね~
ほんとうに、大往生ですね。

我が家のPOLCOの最後も見るに忍びない姿になってしまったのを、こさじちゃんの写真とおんなじです。
POLCOの場合は、お腹の腫瘍がぱんぱんに腫れて、思うように動けず、体だけはやせていき、てっくり返ってばかりいました。
でも、一生懸命生きててくれるから、
3歳まで生きるんじゃないかって思っちゃいますね。
---------- さつき [ 編集]* URL * 09/08, 10:04 -----

うちのDAIGO君が3歳目前でお空に行ってしまったあと
こさじちゃんが、頑張っているのを応援してました。
ありがとうね、こさじちゃん。
歯切りを続けていたはむ生。でもろぼ吉さんのもと、幸せな
時間を過ごせていたと思います。
---------- まゆき [ 編集]* URL * 09/08, 12:56 -----

こさじー、最期まで、ちっこもうんぴも出て、ご飯を食べられて、よかったねー。
何気に私が一番こさじに会っているよね。
引き渡した時から、つむ児に会いに行った時も居たと思うし、ひめぷるさんより、くららさんより、会ってるよね。
ぽみおに似てたし、ずっと応援してたよ。
カツレグは不滅やから、また帰ってきてなー。
---------- Sacchan [ 編集]* URL * 09/08, 19:17 -----

ろぼ吉さんの記事を読みながら、ミツ豆君のことを
思い出してたよ。
彼も最後のほうでは毛がガビガビになって、目も
あかなくなって。
覚悟する時間が長かったこともあって、看取った瞬間は本当に涙が
出なかったもん。
だけどさ、私もあとからグイグイと悲しみが湧いてきてねぇ…

こさじちゃんはこちらで紹介されたときから
とにかくお顔が私好みでww
姉さんキャラも大好きだったなぁ~。
大往生だけど、こさじ姉さんの雄姿を
もっともっと見ていたかったよ。
姉さん、今までありがとう。
ろぼ吉さんも、こさじちゃんへの献身的な介護を
本当にありがとう(同じハム好きとしてお礼が言いたく
なっちゃった)
---------- ブライアン [ 編集]* URL * 09/09, 01:07 -----

こさじちゃん、本当に大往生ですね。
きっと、ろぼ吉さんの家に来れて良かったと思ってるはずです。
病院通いも良くがんばったね。
もう歯切りはしなくていいし、うまうまも思う存分食べられるね。
いつもかわいい姿を見せてくれてありがとう。

---------- tekuteku♪ [ 編集]* URL * 09/09, 20:37 -----
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
---------- [ 編集]* * 09/10, 20:07 -----

e-68 ぷくぷくさん
ありがとうございます i-179
ぷくぷくさんにはファミリーとして、こさじには格別の思いがあったと思います。
今までずっと見守っていただいて、心強かったです。
こさじの歯、はじめの数回はちょっと照れながら持ち帰ってたんです。
でも慣れてきたら先生の方からピンセットで拾って、
「持って帰りますよね?」みたいな感じになって(笑)
これまでも歯切りした子の歯は残してあるんです。
こさじのが断トツで多いですけど。


e-68 ビショップさ
ありがとうございます i-179病院通いの期間は誰よりも長い子になりましたが
大きな病気もなく、痛さや辛さをあまり感じることなく最後まで過ごせたのは
お世話係としては一番の救いでした。
美味しいものももっとたくさん食べさせてあげたかったけれど
最後までこさじらしくいてくれたことに、
私もこさじに感謝です。


e-68 えーきちさん
ありがとうございます i-179
東京駅でえーきちさんから託されたこさじは
仔ハムとは思えないくらい大きくて(笑)
長旅してきた疲れもまったく感じないように元気な顔で私を見上げてくれました。
高齢になってからの歯切りは、ストレスにならないかといつも不安でしたが
亡くなる2日前の歯切りもいつもどおりこなしてくれて
おかげで私もまったく不安なく通院できました。
病院からもらったミルクを嫌がって困っていた時に、
えーきちさんが送ってくださったヤギミルクに救われました。
こさじに毎日ミルクを飲ませるのが楽しくて、
こさじの飲みっぷり、食べっぷりに後押しされてお世話することができました。
私もとても幸せでした。


e-68 さつきさん
ありがとうございます i-179
こさじは本当にこのまま3歳までいけるんじゃないかと思っていた矢先でした。
それでも2歳10ヶ月はやっぱりすごいこと。
どんなに痩せて転びながらでも、こさじの目は最後まで諦めても落胆もしていない目で
転ぶことすら微笑ましく見えるくらいでした。
どんな姿になっても、一生懸命生きてくれる彼らには
本当に頭が下がる思いですね。


e-68 まゆきさん
ありがとうございます i-179
DAIGOくんも大往生でしたね。
同じ高齢ハムのお世話係として、
そういう子がいてくれることは何よりも心強く、励みになっていました。
今頃お空ではDAIGOくんと一緒にこさじも
高齢ハムとして表彰されているかもしれませんね。


e-68 Sacchanさん
ありがとうございます i-179
Sacchanさんはもう親戚のおばちゃんみたいなもんだもん(笑)
いつもこさじのことを気にしてくれてて、
私も何かあるとSacchanさんに相談しよう、って思ってた。
これからも頼れる親戚のおばちゃんでいてね。
考えてみたら、亡くなる前にしたメールで
こさじとの別れは突然やってきそうだ、って書いたよね。
あの時から予感はしてたのかもしれない。
こさじと過ごした時間は本当に楽しかったから、また帰ってきてほしいな。


e-68 ブライアンさん
ありがとうございます i-179
この記事を更新するために昔の未公開写真をいっぱい載せたけど
改めてみると私もこさじの顔、大好きだったなー。
けして美ハムではなかったと思う(笑)
でも愛嬌があって、ちょっと気の強そうな・・・・・・
ブライアンさんの好きなツンデレ顔ってことなのかな?
怪しい関西弁も、姉さんキャラも、
私的にはもっと作りこみたかったんだけど
なんか中途半端になっちゃった。
実際のこさじは私の作ったキャラよりももっと頼れる姉さんだったよ。


e-68 tekuteku♪さん
ありがとうございます i-179
こさじの一生が、こさじにとって悔いなく過ごせていたと皆さんに言っていただけるので
私としても悔いはありません。
本当にこさじはよく頑張ってくれました。
ちょうど歯も切ったばかりでベストな長さだったし
きっとお空では堅いナッツ類なんかも食べられて、走り回っていることでしょう。
クルクルも走り出すと1時間くらいずーっと走り続けている子でしたから。
見ていて、本当に楽しい子でした。
---------- ろぼ吉 [ 編集]* URL * 09/10, 21:50 -----
Re: タイトルなし
e-68 ○なこさん
ご無沙汰しています、お元気でしたか?
コメントをいただけて、とても嬉しいです。
こさじに繋いでもらっていたご縁ですけど
忘れないで時々でも見に来てくださる方がいるっていうのは
嬉しいものですね。
こさじも喜んでいると思います。
この数週間は、こさじの写真を撮ることに躊躇してしまうこともあって
…まぁ、ヨロヨロと転んでしまうので
私の腕ではピンボケ写真ばっかりになってしまうっていう
技術的なこともあったんですが
撮れるとしたら食事中の後姿ばかりで。
でもすごく愛おしいんですよね、こういう姿って。
どんな姿になっても可愛いし、健気だし、私も大好きな写真です。
また見に来てくださることがあったら
遠慮なく公開コメントにしてくださいね i-179
お待ちしています。
---------- ろぼ吉 [ 編集]* URL * 09/10, 22:01 -----

こさじちゃん、がんばりましたね。
とっても長生きしてすごいなと思います。
精一杯生きて、満足してお空へ帰っていったのでしょうね。
遅くなりましたが、こさじちゃんのご冥福をお祈りいたします。
お空でゆっくり休んでね。
---------- NEKO [ 編集]* URL * 09/18, 22:16 -----

e-68 NEKOさん
ありがとうございます。
こさじが長生きしてくれたことは、私にとっても自信になりました。
一般的なハムスターの寿命よりも少し長く生きられたことで
おっしゃるようにこさじも満足してくれたでしょうか?
だとしたら、私もこれ以上嬉しいことはありません。
ぐちゃペレを作らなくなって、ご飯のお世話もずっとラクになりましたが
なんだか少し物足りないような気さえしてしまいます i-229
---------- ろぼ吉 [ 編集]* URL * 09/20, 05:12 -----
         
コメントする












 管理者にだけ表示を許可する?

                  
トラックバック
トラックバックURL
→http://robokiti.blog8.fc2.com/tb.php/1013-657b5ca0

【 トラックバックしていただくにあたってのお願い 】
トラックバックしていただける場合は、
コメント欄に一言その旨書いていただけると助かります。
それが無い場合、トラックバックをお断りさせていただくこともありますのでご了承ください。

※ トラックバックは管理人の承認後、表示されます

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)