だらだら~っと、ゆる~いハムスターとの日常。気が向いたら更新。
    
スポンサーサイト   
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
うな児の旅立ち   
どうも。
なんだかまだ実感が湧かない、ろぼ吉です。


IMG_1785.jpg

4月13日早朝、うな児が静かに旅立ちました。
2歳6ヶ月と8日の立派な大往生でした。

ここまで目立った病気や怪我はなにひとつなく、
最期もとても穏やかで、
うな児のハム生をたっぷり全うして生きてくれたと思います。

ちょっとビビリだったからかな?
噛みハムだったから、お世話で抱っこするときはいつもドキドキしてたけど
無病息災だったことが一番のお世話係孝行だったよ。

ありがとう、うな児

--------------------------------------------------------


うな児の最後の数日間について、書き留めておきます。


前記事に書いたようにうな児の様子に変化があった後は、
うな児に特別大きな異変は見られませんでした。

ただ少しずつ、老いが進んでいるのは実感していて。
お耳がくしゃっとしてきて、食欲が急激に落ち、足元がふらつき、
自分の体をまっすぐの姿勢で保つことが厳しくなっていきました。
それでもゆっくりゆっくり歩いて、食事も排泄もできていました。

4月になって日中暖かい日もあったけど
床暖房は相変わらず点けっぱなしにしていました。
そうしないとやっぱり体温が保てなかったから。
ときどき暑いのか、かくれんBOXの中に避難しているときもあったけど
そんな時でも触ると体温は低かった。

食事はぐちゃペレやミルクを嫌っていたので
固形のままのハムセレをお皿に入れておくと
調子のいい頃は食べていたし、
カボチャとニンジンを茹でて潰して小さく丸めたカボチャ団子と
アミノゼリーは毎日食べてくれてた。
喉が渇くのかお水をよく飲もうとするので
アミノゼリーは美味しかったみたい。
もともと大好物だったけど、これがあったおかげで私も助かった。
ボトルからお水を飲むのも結構大変そうだったから
時々ゼリーの溶けた液をスプーンであげると美味しそうに舐めていました。


IMG_1811.jpg

ハゲてるように見えるけど、ハゲじゃないよ。
少し毛が割れてこんなふうに写っちゃってるけど
うな児は毛が黒いから、写真だとこんなふうに写りやすい。
実際は毛並みはきれいだったし、バサバサした感じもなかった。
この写真は1週間前に撮ったもの。

体重はさすがに減っていったけど、
げっそり痩せ細るような感じにはならなかった。

IMG_1810.jpg

これも同じ日に撮った写真。
これがうな児を撮影した最後の写真になりました。


4月9日頃から目がボンヤリ閉じ気味になってきました。
11日には8割くらい閉じた感じ。
12日には完全に目は閉じていたけど、目ヤニなどは付いていなかったので
健康状態が悪い感じ……の見映えではなかった。
いや、実際健康状態良好!ってわけじゃなかったんだろうけど、
自然な感じ?っていうのかな。
なんて言ったらいいのかわかんないけど。

呼吸はずっと安定して静かなものでした。
だから、最初は心臓疾患かな?とも思ったけど
痩せたから呼吸が大きく上下しているように見えるだけで
心拍数もゆっくりでリズムも安定していたし
大きな問題があるようには見えませんでした。

だから、老衰だと思います。

目が閉じ気味になった頃から、ほとんど出歩くことはなくなって
ずっと寝ていました。
12日の夜も食事の用意ができてから
抱っこしてお皿の前にうな児を連れてくると
いつものようにカボチャ団子とアミノゼリーに少しだけ口をつけて
そのまま寝る姿勢になったので、おうちの中に戻しました。
その後出歩いた形跡はなく、
翌朝6時半に確認したときには息を引き取っていました。

とっても安らかなお顔で、いつも寝ている姿勢のまま。
きっと眠りながら逝ったのだと思います。
たぶん息を引き取ってからそんなに時間は経っていないような感じでした。

生前は嫌がるので体のチェックはできなかったので
念の為おなかや胸の辺りを触ってみたけど
腫瘍やむくみも無さそうでした。


最期を看取れなかった子は今までもいたけれど
その子の様子が見ていて辛そうだったり、痛々しかったりすると
亡くなった後
「よく頑張ったね。偉かったね。よかったね。」
って声をかけたくなるんだけど。
うな児の場合は心から

「ありがとう。」

って、それしか今はかける言葉が出てこないし
亡くなった実感が湧かないんです。

昨日の朝も、仕事に行かなきゃいけなかったので
悲しんでいる余裕もなかったし
仕事中もなるべく考えないようにしていたし。
帰ってきてから改めてうな児を見ても、
やっぱりただ寝ているだけのように思えて……

今、こうして書きながらやっと涙が出てきてはいるんだけど
やっぱり、うな児が亡くなったっていう実感が全然ないんです。

もう少し時間が経ってから、じわじわと湧いてくるのかもしれません。
              
コメント

うな児ちゃんのご冥福をお祈りします。
うな児ちゃんはいいハムスターちゅう生だったよね。
そうやって、静かに逝ってしまわれると、
後からじわじわもう居ないことの虚無感が沸いてきますね。
でも、本当にうな児ちゃんは、ろぼ吉さんやウマウマオヤジさんに愛されて幸せだったと思います。
こさ児ちゃんになんて報告しているのでしょうかねぇ~?

私は、ハムムが逝ってしまうと、その日にケージは洗います。ぽっかり空いたケージがあるのがつらく・・・・
でも、写真を1ケ月ほど、大きく飾り、
洗ったケージもそれまで、ずっと横においておきます。

しめじちゃんのかわいさで少しでも寂しさがいえます様に
---------- さつき [ 編集]* URL * 04/14, 11:49 -----

今朝、そういえばうな児くん弱ってるって言ってたけど
どうしてるかな?更新がないのはまだ大丈夫ってことかな?
ということがふと頭に浮かんだのです。
虫の知らせ、でしょうか…

2歳6ヶ月…長生きでしたね。
今まで病気もしなかったというのはすばらしいです。
うな児くん、よくがんばりました。
いままで、ありがとう!

ハムスターは寿命が短いのがやっぱりさみしいですね…
---------- tekuteku♪ [ 編集]* URL * 04/14, 20:38 -----

ろぼ吉さんに後悔がないのが何よりです。
うな児くんも同じ気持ちで成仏したのだと思います。
生ききって完全燃焼できたんですね。
これで、うな児くんは次のステップに進めますね。
さて、うな児くんに、どんな来世が待っているのかな~♪
---------- ビショップ [ 編集]* URL * 04/15, 00:36 -----

うな児は病気とかじゃなく、まさに老衰だろうね。
通院もなく薬漬けの日々もなく、本当にいいハム生を全うしたんだと思うなぁ。
通院、薬漬けがないのは飼主としても有難いし感謝感謝。
「ありがとう」って言葉しか今は出て来ない気持ち、凄くわかる。
だけど数日経つと、一気にどど~ん!っと寂しさが来るから
ちゃさ児&しめじにたくさん癒してもらって元気出してね♪
うな児、素晴らしい男だぜっv-218v-391
---------- ちえ [ 編集]* URL * 04/15, 20:47 -----

e-68 さつきさん
ありがとうございました。
ろぼ吉家の歴代№1長寿だったこさじの記録に比べたら
まだ短い一生でしたが、なによりも病院のお世話になることもなく
無病息災で過ごせたのはものすごい偉業。
きっとこさじにも自慢しているでしょう。
私も亡くなった子のケージなどはすぐに片付けてしまいます。
埋葬するまでは空っぽのケージの中に花と一緒に安置し、
埋葬後はそのケージも片付けて、写真を飾ります。
うな児の姿のないケージをそのまま置いておくことは寂しいし、
我が家にはちゃさ児としめじもいますから。
そのうちうな児が愛用していた道具も誰かが使うようになり、
それでもお世話をするときとか、いつでもふと思い出すんです。
楽しくて幸せな思い出だけを思い出したいので
片付けてしまうことで自分の気持ちにも区切りをつけます。


e-68 tekuteku♪さん
ありがとうございました。
虫の知らせというか、きっとうな児がご挨拶に伺ったのかもしれませんね。
ハムスターの2年とか3年しかない寿命。
短いですね。
せめて5年くらいあったら……と思います。
犬のように10年以上、というのも
もしかしたら長すぎて辛くなってしまうのかもしれませんけど。
歴代の子たちでも最初の頃はたった2年弱しか一緒にいられなくても
ひどいペットロスになりました。
それが辛くていつの頃からか複数飼いするようになりました。
今もちゃさ児やしめじがうな児のいない寂しさを癒してくれています。


e-68 ビショップさん
ありがとうございました。
おっしゃってくださった言葉そのまま、私もそう思います。
後悔はありません。
うな児の安らかなお顔を見て、うな児も精いっぱい幸せに生き抜いたんだと思えました。
ある日急に老いが見え、
急激に体力がなくなっていく姿を見ていた数日間は寂しかったけれど
余計に愛おしかった。
うな児もその思いに応えてくれるように私を見返してくれました。
来世もきっと会えるといいな、と思います。


e-68 ちえさん
ありがとうございました。
うな児は注射器で飲むミルクを嫌がったから
もしも病気で薬を飲ませなくちゃならなくなったらどうしようi-202
って思ったけれど、結局注射器の出番がなくてよかった。
老衰の子は初めてだったけど、
やっぱり病気で亡くなる子よりずっと穏やかで
私にとっても素晴らしい経験だったと思う。
昨日うな児を埋葬して、ちょっとずつ実感してきた。
でも最後まで普段通りだったうな児の姿しか思い出さないから
寂しいけど辛くないの。
ありがたいことだよね。
---------- ろぼ吉 [ 編集]* URL * 04/15, 22:33 -----

うな児君の最後の様子を読みながら
うちのミツ君とのお別れの時を思い出してたよ。
私の場合はたまたま死に目に会えたけど、
本当に、眠るようにいったんだよね…
うな児君もきっと、そうだったんだろうなぁ。

うな児君、ありがとう。
---------- ブライアン [ 編集]* URL * 04/15, 23:53 -----

e-68 ブライアンさん
ありがとうございます。
病気や怪我をすることなく、この年齢まで元気でいてくれた。
特に亡くなる2~3週間前まではまったく変わりなく、
具合を崩してからも辛い思いをそれほどすることなく
うな児らしく過ごせたことは、
私にとってもうな児にとっても幸せなことだったと思います。
なんでもないようなことだけど、こんなふうに過ごせることはものすごく特別なことですよね。
---------- ろぼ吉 [ 編集]* URL * 04/18, 00:01 -----

コメント出遅れてしまったね。メールでお知らせありがとう。
うな児、本堂に穏やかな晩年だったねー。
もう1度、会いたいなって思っていたのが心残りだけど、でもこんな風に最期を過ごて、本当によかったと思うよ。
2歳半も過ぎて、ごる飼い冥利に尽きるね。ろぼ吉さん。
セーブルは毛の根元がクリーム色だから、毛並みの方向でおハゲみたいに見えるんだよね。
ふわふわのうな児のまんまでよかったよ。
ありがとうね、きぃちゃんと仲良くするんだよー。
ご冥福をお祈りいたします。
---------- Sacchan [ 編集]* URL * 04/20, 16:57 -----

e-68 Sacchanさん
だいぶ出遅れたね(笑)
うな児、ハムスターにとっていい一生だったんだよね。
そう思いたい。
病気も怪我もなく、…もしかしたら小さな疾患はどこかにあったかもしれないけど
病院やお薬に頼ることもなく、自然に年を取って体が老いて動けなくなって
最期は静かに旅立った。
短命で病気になりやすいハムスターでも、うな児みたいな一生を送れる子もいるんだって、
なんか希望をもらった気がするの。
日和さんにも感謝してる。
今頃はきぃちゃんと一緒にどんな話をしてるんだろね?
兄弟の中で一番最後まで一緒にいたふたりだもんね。
---------- ろぼ吉 [ 編集]* URL * 04/23, 21:48 -----
         
コメントする












 管理者にだけ表示を許可する?

                  
トラックバック
トラックバックURL
→http://robokiti.blog8.fc2.com/tb.php/1031-08d4cde6

【 トラックバックしていただくにあたってのお願い 】
トラックバックしていただける場合は、
コメント欄に一言その旨書いていただけると助かります。
それが無い場合、トラックバックをお断りさせていただくこともありますのでご了承ください。

※ トラックバックは管理人の承認後、表示されます

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    
         
    
                        
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。