だらだら~っと、ほっこりと、ゆる~い日常です。
    
うりからのご報告   
9月17日、午前9時、うりがとうとうおさまになりました…
享年1歳11ヶ月。
あと半月で2歳のお誕生日を迎えるはずでした。

DSCN0193s.jpg

     (この写真は今年の6月14日の記事でUPした写真です)

とっても安らかで、ほとんど苦しむことなく、
まるでいつもと変わらない寝顔のまま静かに旅立ちました。
今頃はきっと、4ヶ月前に先に行ったぴぃや、パパや他の兄弟たちと会えた頃でしょうか。


16日の夜、ご飯をあげた時に撮影したものです。









確かに、いつもよりは食いつきがよくないな、とは思いました。
でも食欲が失せたようには見えなかったし
動き方もいつもと変わらず機敏で、
お散歩に出掛ける時も、ケージの入り口の段差を軽々と乗り越えていき、
いつもと同じようにあの気になる場所をホリホリし、
メロメロ迷路の中で眠り、ぽて児にちょっかいを出していました。
私たちが寝ている間も、いつも通りお散歩していた形跡が残っていました。


今朝私が起きた時、ぽて児が自分のケージの入り口を引っ掻いて私を呼びました。
うりが自分のケージに戻って巣箱の中で寝ているのを確認して
ぽて児を出してやりましたが、ぽて児うりのケージを覗き込むように一周して
すぐに自分のケージに戻ってしまいました。
たぶんぽて児もわかっていたんでしょう。
今日はティーパーティが開園することはありませんでした。

うりにお薬をあげようとしましたが
いちごミルクゼリーを鼻先に持っていっても食べようとしません。
嫌な予感がしてうりを触ってみたら、だいぶ体温が下がっていたので
この時私も覚悟を決めました。

それでもうりが自分から出てきたので、保定して、お薬を飲ませてみました。
…ほとんど抵抗しませんでした。

今思うと、最後に無理矢理お薬を飲ませてしまったことを後悔しています。

その後うりをケージに戻し
旦那を起こして見守ることにしました。

私は仕事で出掛けなくてはならなかったので
出掛け際、うりを抱きしめてキスをして、「ありがとう」と言って出掛けました。
…それ以外言葉が出てこなかった。
うりは目を閉じたまま力無く横たわっていましたが、
呼吸が荒かったり、苦しそうな表情を見せたりすることはなく
普段通りただ寝ているような感じでした。

その20分後、うりは旦那に看取られて、旅立ちました。
最後の瞬間に少し痙攣したくらいで、ずっと穏やかだったそうです。

生憎今日は旦那も出勤日で、昼前に出掛ける予定でした。
もしかしたらうりは、私たち二人にちゃんとお別れの挨拶をした上で
私たちの予定を煩わせないようにもしてくれたのかもしれません。

夕方私が帰宅して、眠っている姿のままのうりを花で飾り、お線香をあげている間も
ぽて児は空っぽになったうりのケージを寂しそうに覗き込んで
その後も自分のケージに戻ったまま、どうしちゃったのかと思うくらい静かに過ごしていました。


うりは2003年10月12日に生まれました。
今年の1月27日までは、ママ・パパ・兄弟の男の子と一緒に暮らしていました。
私の家に来てからは、同じ兄弟の女の子・ぴぃと一緒に暮らすようになりました。
私がうりのお世話をするようになってからはたったの7ヶ月ちょっとでしたが
なんだかもっとずーっと長い時間一緒にいたような気がします。
おとなしくて、ケンカをすれば年下のぽて児にさえ負けてしまうくらい気の弱い子でした。
でもたぶん負けず嫌いで…
腫瘍が見つかってどんどんおなかが大きく腫れあがってきても
毎日お薬を飲んで、ちゃんとご飯も食べて、元気良くお散歩して
最後まで本当によく頑張った強い子でした。



いつもうりを励まし、応援してくださった皆さまには
心からお礼申し上げます。
本当にありがとうございました。

先日のうりのお散歩の記事にもたくさんのコメントをいただきましたが
レスはこの記事で代えさせていただきたいと思います。

これからも、よろしくお願い致します…。


                            ろぼ吉
              
コメント

ろぼ吉さん、おはようございます。

うりちゃん、お空へ旅立ってしまったのですね…
ご冥福をお祈り申し上げます。
でもよく頑張りましたよね、うりちゃん!お疲れ様。
今頃、お空の上で、みんなと再会し、ゆっくり休んでいるかな?
そして、ろぼ吉さんも、お疲れ様でした。きっと、うりちゃんも
ろぼ吉さんや旦那様には感謝していることでしょう。
ろぼ吉さん、元気出して下さいね!ぽて児くんの為にも…。

追伸:数時間前に、こちらへ来た時は、何も知らず普通にコメント
してしまった事、後悔しております…。
---------- ちえ [ 編集]* URL * 09/18, 06:48 -----

突然のことに驚きました。。。
うりちゃん、あんなに元気に頑張っていたのに。。。
ろぼ吉さんと旦那さんのお仕事のこと考えて、さよならしていったうりちゃん…健気で、涙が出てしまいました。
きっとろぼ吉さんのお家に来れて、とってもとっても幸せだったと思います。
闘病生活はつらかっただろうけど、本当に頑張りましたよね。
今ごろ、お空でみんなと仲良くしてますね。。。
ろぼ吉さんも、おつらいことと思いますが、どうかお身体大事になさってください。
うりちゃん、いつもかわいい姿を見せてくれてありがとう!

---------- michu [ 編集]* URL * 09/18, 10:00 -----

うりちゃん大往生ですね。いい年まで生きて、最後はほとんど苦しまないで。
うりちゃんの控えめな性格好きでしたよ。最後にブロッコリーを蹴っ飛ばす所まで見せてくれてありがとう。
---------- はむママ [ 編集]* URL * 09/18, 12:23 -----

突然のことで、とても驚きました。
頑張っていたのに、残念です。
かける言葉もみつかりませんが、お力おとしのないように。
さみしくなりますね。
---------- kimiyo [ 編集]* URL * 09/18, 13:19 -----

うりちゃん、本当に良く頑張ったと思います。しっかり薬も飲んでたし、野菜もちゃんと食べてたし。こんなに早くお星様になるとは思ってなかったからショックで・・・。かなり驚きました・・・。涙が止まりません。
ろぼ吉さんも、旦那様も元気出して下さいね。

うりちゃん、今までありがとう。
---------- ★なち★ [ 編集]* URL * 09/18, 14:50 -----

あんなに元気そうにお散歩をして、ごはんも食べているのに…言葉もありません。
ハムちゃんたちって、本当に最後まで頑張っちゃうんですよね。
ろぼ吉さんも、覚悟を決めてはいても、いざとなるとさぞかしお辛かったことでしょう。
ろぼ吉さんは頑張らなくてもいいんですよ。今は泣きたいだけ泣いて下さい。

うちのキキも、ちょびが亡くなった日、全く巣箱から出て来ませんでした。
やはり何か感じるものがあるのでしょうね。

うりちゃん、最後までよく頑張ったね。お疲れさま。
もう虹の橋に着いた頃でしょうか?
虹の橋には、ちょび君も居るから、一緒に遊んでね。

うりちゃんきっと、「今までありがとう」と、虹の橋からろぼ吉さんを見ていると思います。

---------- くらら [ 編集]* URL * 09/18, 17:49 -----

うりくん、お疲れ様でした。
大きな腫瘍ができてしまったのに、
よくがんばりましたね。
ろぼ吉さん達も腫瘍ができてからは大変だったことと思います。
色々とお疲れ様でした。
うりくんが穏やかに旅立ったことは、
お二人にあまり心配かけないようにしたのでしょうね。
ホントに最後まで強い子でしたね。
---------- カズ&マミ [ 編集]* URL * 09/18, 17:51 -----

突然のことでびっくりしました。
マチコロとほぼ同世代(まちころ1歳)のうりちゃんがお星様になってしまって
「まちころ、お友達がお星様になってしまったよ」
と、うちの息子にも報告しました。

HPで訪問するハム子たちは、まちころのお友達と考えている私。
悲しいけど、それ以上ろぼ吉さんのほうが悲しんでるかな・・。

お空からぽて児ちゃんとろぼ吉さんをずっと見守ってくれてますよ。
---------- そーだ [ 編集]* URL * 09/18, 19:35 -----

昨日訃報を目にして、どうコメントしてよいやら手が止まってしまいました。
2歳のお誕生日がもうすぐだったのに、とても残念です。
でも、腫瘍を抱えてここまで頑張ったのであれば、これはもう大往生だと
ワタシも思います。
うりちゃんのご冥福をお祈りいたします。
---------- こずえ [ 編集]* URL * 09/19, 00:11 -----

うりちゃん、とうとうお星さまになってしまいましたか・・・。
いつも和ませてくれたうりちゃんと、
その存在をとても楽しくお知らせしてくれたろぼ吉さんに、
心からお礼を・・・。
そして、うりちゃんのご冥福をお祈りいたします。
Blogを始めて、こうしてたくさんのファンができて、
うりちゃんも、ろぼ吉さんも、幸せ者ですね。
---------- まめやっこ [ 編集]* URL * 09/19, 01:29 -----

最近、私自身の生活がばたばたしていて、パソコンをたちあげていなかったのですが、
うりちゃんどうしてるかな?とおもって、覗いてみたんです・・・
なんとなく、虫の知らせって言うか・・

うりちゃん、豪華な食事をぱくぱくたべて。。。
パパとママに、最後のご挨拶もして、旅だって行ったのですね。。
最後まで、いい子で頑張りやさんのうりちゃんだったのですね。。

うりちゃん、いつもかわいい姿をみせてくれてどうもありがとう
病気を抱えながらも頑張ってるうりちゃんを見て、私もがんばろうって
励まされたりもしました、、、うりちゃん、ありがとう
ロボ吉さん、おつかれさまでした、
今はつらいときだと思いますが、がんばってください・・・

---------- く~ [ 編集]* URL * 09/19, 01:57 -----

いづれは・・・と分かっていても、やっぱり悲しいですね。

うりたんはお腹に大きな腫瘍を抱えていたけど、最後まで美味しいご飯を食べる事が出来て、そして大好きだったお父さん・お母さん・ぽて児君にちゃんとお別れが言えてよかったね。今までたくさんの可愛い姿をみせてくれて、また元気も分けてくれてありがとう。今はゆっくりゆっくりと休んでね。

ろぼ吉さんもうりたんの看病お疲れ様でした。
胸にポッカリと大きな穴が開いてとても辛いと思いますが、ご無理されず今はゆっくりお休みくださいね。

うりたんのご冥福を心よりお祈り申し上げます。
---------- まめママ [ 編集]* URL * 09/19, 10:48 -----

ろぼ吉様こんにちは

うりちゃんお星様になられたのですね…
がんばれーといつも応援していたので、とっても悲しいです…
でもうりちゃんは幸せいっぱい、愛情いっぱい、思い出いっぱいで
お空に帰っていったのですから本当に幸せだっただろうなぁと思います。
どうかどうかろぼ吉様…あまり気を落とされませんように!
うりちゃんは大往生だったのですから。
---------- れいにぃ [ 編集]* URL * 09/19, 11:11 -----

e-63みなさんへ
心からのお悔やみの言葉、ありがとうございます。
私は元気でいつもと変わらず過ごしています。
だって、くよくよしてる暇はありませんもの。
やんちゃ坊主のぽて児のお世話は待っててくれませんからe-330

うりはベランダ前のろぼ吉家歴代ハムのお墓に埋葬しました。
お墓の中は花でいっぱいにしました。
このお墓には今までろぼ吉家から旅立った5匹のハムたちが眠っているので
うりも寂しくないと思います。
それに窓を開ければ目の前ですから、私もいつでも会いに行ってあげられます。

ハムブログを立ち上げたきっかけは、うちの子の思い出を残しておきたい!と思ったからです。
思った以上にたくさんのお友達ができて、
うりやぽて児にも数え切れないくらいのお友達ができました。
こうしてみなさんのコメントを読んでいると、どうしても涙が出てきてしまいます。
でもそれは、とっても幸せなことです…。
うりも幸せだったと思います。
もしかしたら、一軒一軒、みなさんのお宅までお友達に会いに行ったかもしれませんね…。

私は空を飛んで行くわけにもいきませんので
コメントいただいたみなさまには、それぞれのブログスペースにご挨拶に伺わせていただきます。
---------- ろぼ吉 [ 編集]* URL * 09/19, 13:55 -----

うりちゃん、お☆さまになったんですね。
ハムスターってあんなに小さい体なのに
人間にたくさん思い出を残してくれますよね。

うりちゃん、ウチのハムちゃんたちもそっちにいるから
仲良くしてあげてください。
よろしくね。
---------- Momo [ 編集]* URL * 09/19, 15:48 -----

ろぼ吉さん、こんばんは。
うりちゃんがお星さまになったこと、今日初めて知りました。
ブログを読まさせていただいて、涙が止まりませんでした・・・。
ろぼ吉さんの最後のキス、そしてだんなさまに最後を看取られて
うりちゃんはほんとに幸せだったと思います。
きっと天国でお友達と合流して、ママとパパのことを見守ってくれていることと思います。
---------- チェリー [ 編集]* URL * 09/22, 00:45 -----
えっ!
9/25の記事でみんなの訃報がぞくぞくと耳に入り
今になってうりちゃんの訃報気が付きました。
涙が止まりません・・・
短い寿命だとわかっていてもこたえますね


自分のところも1歳半を超えた子が多いです。
野良寝してるとき毎回呼吸をしてるか確認してしまいます・・・
---------- まっき~ [ 編集]* URL * 09/25, 22:03 -----
         
コメントする












 管理者にだけ表示を許可する?

                  
トラックバック
トラックバックURL
→http://robokiti.blog8.fc2.com/tb.php/123-8e322650

【 トラックバックしていただくにあたってのお願い 】
トラックバックしていただける場合は、
コメント欄に一言その旨書いていただけると助かります。
それが無い場合、トラックバックをお断りさせていただくこともありますのでご了承ください。

※ トラックバックは管理人の承認後、表示されます

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)