だらだら~っと、ほっこりと、ゆる~い日常です。
    
看取るのって…   
コメントをいただいた皆様、ありがとうございます。
私もだいぶ落ち着いてきました。

ぴぃは金曜日の深夜、旦那と二人で埋葬しました。
気持ち的にはもう少し手元に置いて、お別れしたかったのですが…

我が家の歴代ハムたちが眠っているお墓は
ベランダの正面の植え込みのスペースに人知れずこっそりあります。
賃貸マンションだし庭も無いので、そこ以外考えられなかったんです。
幸い我が家は1階なので、毎朝カーテンを開けると真っ先に目に飛び込んできます。
私は毎朝それを見て「おはよう!」と声をかけ、
夕方カーテンを閉める時には「おやすみ!」と声をかけます。
お墓参りは特別しませんが
そうやって毎日彼らを思い出すのがお墓参りみたいなものになっています。
ぴぃは最期に巣箱から出てきましたが、
これは今まで私が看取った子たちがみんなする不思議な行動です。

どんなに具合が悪くて巣箱に籠もってしまっても
最期は必ず出てきて私にまとわりついたり、
手に乗って甘えようとする仕草を見せるのです。
人懐っこい子も、そうでない子も、みんな…
ちゃんと私が飼い主だとわかっていてくれてたんだなぁ…と思います。

1匹だけ最期の瞬間を看取ってあげられなかった子がいました。
夜中だったので寝てしまったんです。
朝目が覚めて見に行ったら、ケージの入り口付近で力尽きていました。
たぶんこの子も一生懸命出てこようとして、でも入り口も閉まってるし私たちもいないし…で、
そのまま力尽きてしまったんだろうなぁ…
可哀想なことをしてしまったなぁ、って今でも思い出すと辛くなります。
              
コメント

ハムちゃんは最後は飼い主を頼るものなのですね。それはろぼ吉さんだからかも知れませんが。。。
最後を看取ってあげられれば良いですけど、自分を頼ろうとした子を看取ってあげられなかったのはやはり心残りでしょうね。でもそれも何かの運命でしょう。

ぴぃちゃんとはこれでお別れですが、今まで、いっぱい和ませてくれたびぃちゃんに感謝したいと思います。
---------- はむママ [ 編集]* URL * 05/30, 00:02 -----
→はむママさん
不思議だけど、なんだか嬉しいのと同時に辛いです。
でも看取ってあげるのって、
飼い主として最後にできるたった一つのことですから大切ですよね。
ハムスターと人間の境界線みたいなものが
完全に無くなる瞬間なのかもしれません。
---------- ろぼ吉 [ 編集]* URL * 05/30, 14:29 -----
         
コメントする












 管理者にだけ表示を許可する?

                  
トラックバック
トラックバックURL
→http://robokiti.blog8.fc2.com/tb.php/27-82adb3f9

【 トラックバックしていただくにあたってのお願い 】
トラックバックしていただける場合は、
コメント欄に一言その旨書いていただけると助かります。
それが無い場合、トラックバックをお断りさせていただくこともありますのでご了承ください。

※ トラックバックは管理人の承認後、表示されます

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)