だらだら~っと、ゆる~いハムスターとの日常。気が向いたら更新。
    
つつじの育児日記 3日目   
つつじの出産から3日目の夜の様子です。

…お世話の時間、つつじにキャリーケースに移動してもらってる間に
Babyちゃんたちを確認したところ…


2匹しかいない!


前日には確かに肉眼でも3匹いたのを見ていました。
でも、何度見直しても、2匹しかいない。
ケージ内をくまなく探しましたが、いたはずのもう1匹の姿は
どこにも見当たりませんでした…。


そればかりか。

Babyちゃんの1匹が、ティッシュ布団が首と手首にしっかり巻き付いて
身動き取れなくなっていました。
紐のようになったティッシュ布団は
どうやってそんなに絡みついたのか、
Babyちゃんが動くと余計きつく食い込んで危険な状態でした。

慌てて取り外そうとしたのですが
小さくて柔らかいBabyちゃんの体になるべく触れないように
慎重に慎重にやって、なんとか全部取ることができました。

でも…。

Babyちゃんの右手首に巻き付いたティッシュはかなり食い込んでいて
小さな指の形がかすかに確認できる手の先は更に先細り、黒ずんで
もう壊死しているような感じでした。
このまま無事に成長してくれても
たぶんこの子の右手の先は無くなってしまうだろうな、と思いました。

3日目_1

片手の指が使えなくても、命に危険がなければ
生きていくことはできると思います。
だけど痛々しくて、なんとも言えない自己嫌悪感でいっぱいになりました。

もしティッシュ布団をもっと細かく小さく作っていたら
こんなことにはならなかったかもしれない。
もっと早く気づいていたら…と思わずにはいられないのです。


それでもこの子は元気よく、夜だけストレス発散のために入れてあげた回し車で
夢中になって遊ぶつつじの元へ這って近づいていきます。
もう1匹のBabyちゃんもそれを追いかけていきます。
でもつつじは、遊ぶのに夢中でBabyちゃんたちは放ったらかし。

3日目_2








3日目_6

私の不注意で右手を失ってしまったBabyちゃん。
昨日までは確かにいたはずの、消えたBabyちゃん。
そして、あまり上手に育児ができないでいる
まだ幼いつつじ

なんだか、やりきれないです。

お願いだから、これ以上危ないことが起きないで
2匹のBabyちゃんが元気に育ってくれますように。

つつじ
が、母親として自覚してくれますように。
なにより、つつじ自身も成長してくれますように…。


その後1時間程してから覗いてみると、回し車がひっくり返り
その下にBabyちゃんが!!

回し車は万が一倒れないようにとマジックテープで固定してあったのだけど
それでも外れてしまったようです。
つつじが助けを求めるように私を見上げていました。

回し車を撤去すると、つつじはBabyちゃんたちを銜えて
巣に戻そうとしていましたが
それもなかなかうまくできないようで、
Babyちゃんを銜えてウロウロしていました。

3日目_3

3日目_4


つつじつつじなりに一生懸命頑張っていたんだと思います。
母親としての自覚もちゃんとあって、
それでもうまくできないことが多かったのかもしれません。
深夜の活動時間帯はどうしても遊びに夢中になってしまうけれど
昼間はちゃんとBabyちゃんたちを抱いて巣に篭もっていました。


私は、人工保育をした方のサイトをあちこち覗いてみました。
でも、出産直後のこんな小さなBabyちゃんたちを人工保育するのは
相当難しくて困難なことだと、改めて思い知るだけでした。