だらだら~っと、ゆる~いハムスターとの日常。気が向いたら更新。
    
使ってくれよぉ?   
7月18日の記事を覚えてるでしょうか?
利用価値があるんだか無いんだかわかんないようなゴミの再利用について…

はむママさんから

ログハウスを作ってみる

という提案をいただいて、私も考えてみました。
ログハウスは面倒臭そうなので、ハシゴだったら簡単じゃないかと。
ぽて児がケージの入り口に背が届かなくてジタバタしてるのを見て思いつきました。

というワケで作り始めたものの、
ホントにコレ、紙で出来てるのか!?と疑いたくなる程マジで堅い。
仕方がないので、100均でキリを購入し
まるで木の板に穴を開けるかのように、
せっせと穴を開けた芯の数15本。穴の数56箇所
キリなんて使い慣れてないもんだから、掌にマメができるかと思った…。

まだヒリヒリします。


穴にヒモを通し、隙間の無いようにつなげただけですが、
結構時間かかっちゃいました

早速ぽて児のケージに設置。
…がしかし。
入り口に引っ掛けて階段状にしたこのハシゴを使うまでもなく
その脇からヒョイヒョイと出たり入ったりするぽて児

…すでに用無しですか…


まぁ、そのうちうりがハシゴを必要とする日もくるかもしれないし…
と、必死で自分で自分の労をねぎらい
それまではこんな感じで…いかがでしょうか?

DSCN0628.jpg

このハシゴのいいところは、こんなふうに形が変えられること(笑)
昇り降りしたり、トンネル状のところを潜って遊んでくれたらいいのですが…

DSCN0634.jpg

なぁに?これ

…あっという間に逃げられました。
くじけず、もう一度無理矢理オススメしてみる。

DSCN0635.jpg

潜ってみればいいの?

DSCN0626.jpg

しつこいから1回だけだよ
顔がイヤイヤ(笑)

そしてそのままラップの芯の中へ…

DSCN0632.jpg


ぽて児の感想…

DSCN0633.jpg

ボクはこっちの方がスキ


後日談。
うりもあまりおきに召さないようです
              
コメント

非常に堅いって書いてあったので、滑りにくい紐で編むのかな?と思っていたのですが、手に豆まで作らせてしまって、すまんこってす。おまけにあんまり気に入られないみたいで。。。

ぽて児クンとうりちゃん、相性はどうでしょうね。一度外で何か仕切りを挟んで相手の匂いが良くわかるようにして、会わせてみたらどうでしょう。子供は縄張り意識があまり無いのですが、大人になると縄張り意識が強くなるので、同性だと喧嘩するかもしれませんね。

うちの子達は、顔を見れば怒っているかどうか直ぐ解ります。怒っている時は物凄い形相をしています。(怖)

---------- はむママ [ 編集]* URL * 07/23, 22:55 -----

電動ドリルがあれば・・・ねぇ。
大変でしたね。
私もなにかないかしら~と考えてみたんですよ。
でも、考えが貧弱で。
今回はヒモでしたが、ヒモでなく同じようにしてワイヤーを通して
半円状にしてハムのおうちとか。
そんくらいです~~。
---------- kimiyo [ 編集]* URL * 07/23, 23:27 -----
→はむママさん
後でサークル越しに対面させてみようかと思っています。
そういえば、メロメロ迷路やラップの芯などの遊び道具は共用になっています。
どちらも中で寝たりウ○チをしちゃったりしてますから、それぞれのニオイがついてるはずなんですよね…。
それでも嫌がることなく、替わりばんこに遊んでるってことは…大丈夫なのか?
---------- ろぼ吉 [ 編集]* URL * 07/24, 00:46 -----
→kimiyoさん
kimiyoさんの手作りケージに比べたら、これは“工作”レベル(笑)
現在トンネルにしている部分に潜って休憩したりしてくれるといいなぁ~と思っているのですが、これだけ嫌われてるってことはログハウス風のおうちを作っても、見向きもされないかもヾ(--;)
ハムが齧ったり舐めたりすることも考えられるのでボンドなどは使いたくないし。
使えそうで使えない…厄介なゴミです(笑)
---------- ろぼ吉 [ 編集]* URL * 07/24, 00:50 -----
         
コメントする












 管理者にだけ表示を許可する?

                  
トラックバック
トラックバックURL
→http://robokiti.blog8.fc2.com/tb.php/74-8dc694aa

【 トラックバックしていただくにあたってのお願い 】
トラックバックしていただける場合は、
コメント欄に一言その旨書いていただけると助かります。
それが無い場合、トラックバックをお断りさせていただくこともありますのでご了承ください。

※ トラックバックは管理人の承認後、表示されます

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)