だらだら~っと、ゆる~いハムスターとの日常。気が向いたら更新。
    
しゃも児   
今でもまだ信じられないことですが、本日、しゃも児が永眠しました。

DSCN9890.jpg





午後4時半頃、私が帰宅して真っ先にしゃも児を見に行ったら
おうちから這い出してきて、そのまま力尽きたように
息を引き取った後でした。
まるで寝ているように穏やかな寝顔で
まだ暖かく、死後硬直も始まっていませんでした。

ごめんね、しゃも児
今日は昨日しゃも児がパンを食べてくれたから
仕事帰りにパンを買いに行ってたんだよ。
買い物しないで真っ直ぐ帰ってきてたら、あと20分は早く帰ってこられたのに。
そうしたら間に合ってたかな……?


今日で1歳3ヶ月と20日。
早すぎるよ。


今朝だってちゃんとお薬飲んでくれたし
昨夜はニボシ3本とモヤシ2本、それとお豆腐もちょこっとだったけど食べてくれた。
上の写真は昨夜撮った写真です。

ね?
この数時間後に亡くなるなんて想像もつかないくらい
しっかりした表情でしょ?

DSCN9889.jpg

お豆腐はこの後食べなくなったけど

DSCN9891.jpg

モヤシは美味しそうに食べてくれたんだよ。
この1本を食べた後、もう1本お皿に入れておいたら
昨夜のうちにそれも食べたらしく無くなっていた。

他にヒマ種3つ、それがおそらくしゃも児が最後に食べられたもの。

DSCN9894.jpg

そしてこの写真が、昨夜最後に撮った写真。
ホッペに一度収納したニボシとヒマ種を書斎で食べているところ。

昨夜測定した体重は66g。
前日から4g減。
ウンピはかなり小粒なのが8粒だけでした。

そして最後の体重測定では、更に2g減って64g。

頭の後ろにできた腫瘍は、幅は大きいけれどやや平べったいのか
この写真では左耳の後ろがボコッと膨らんでいるように見えるけれど
実際は触ってみて初めてわかるくらい目立たない。

この写真だって、ホッペの中身を出しながら食べてるのに
まるでホッペいっぱいにウマウマが詰まっているみたいにムチムチで。

昨夜、手に乗せたとき、さすがに軽くなったなぁ、と思ったけれど
痩せた感じもしないし、耳もピンと立ってるし
毛艶や目力もよくて、まだなにか食べられるものがあれば大丈夫!
と思えたのに……。

今、これを書いてても
鈴を鳴らせばすぐに立ち上がって跳ねながら飛びついてきそうなくらい
現実味が無い。


しゃも児の身になにが起こっていたのか見当もつかないし
今、この現実にどう対応したらいいのかもわからない。
こんな不甲斐ないお世話係で、ごめんね。




実は、今日はちょうど1年前、ももじが亡くなった日なんです。
今朝、あの日は雪が降って寒い日だったなぁ……なんて思いだしていました。
今日は2月にしては比較的暖かくて穏やかなお天気だった。

しゃも児がろぼ吉家にやってきた時、ろぼ吉家に居たのはももじだけでした。
ちょうど1年後の同じ日に旅立つなんて
しゃも児とももじは不思議な縁があったのかな?




追伸
前記事にコメントくださった皆さま。
こんなことになってしまったので、お返事はできそうにありません。
ありがとうございました。
              
コメント

メール見てビックリしてしまいました。
とりあえず記事は読みましたが・・・
あまりにも突然でワタシもなんと言っていいのか。
改めてお便りかコメします。

しゃも児、安らかに・・・
心よりお悔やみ申し上げます
---------- ゆかり [ 編集]* URL * 02/03, 20:08 -----

あまりに突然過ぎて、私でさえ信じられないのですから、
ろぼ吉さん、さぞやショックでしょう。
かける言葉が見つかりません…
実は昨日の記事を読んで、ぴぃちゃんの腫瘍の始まりの時と
ちょっと様子が似てるから心配してたの。
でも、しゃも児くんは、ぴぃちゃんと違って元気そうだし、まだ若いから
手術も可能かな、なんて思ってました。
私もリリーちゃんの時、訳もわからず突然旅立たれ、かなり凹みました。
全く予想もしていなかったし、ましてや思い当たる理由も全くなく、
気持ちの持っていき場がなくて、本当に辛かった。
たぶん今は、「何で?どうして?」っていう思いでいっぱいでしょう。
でもって、いろんなこと後悔してるんでしょうね。
自分を責めないでって言っても、きっと責めるよね。
同じ痛みを知ってるから、私には何も言えない。
思いっきり泣いていいよ。何なら胸すよ。
みんな、ろぼ吉さんの、悲しくて悔しい思い、わかってるよ。
しゃも児くん、安らかに。ももじちゃん、お迎え早すぎるよ…(涙)




---------- くらら [ 編集]* URL * 02/03, 20:19 -----

しゃも児くん、こんなに急に旅立ってしまったなんて信じられないです。
ショックなことと思いますし、とてもつらいですね。
でも、不甲斐ないなんてことはないと思いますよ。
たとえ長くはなくてもおいしいものたくさんもらってのんびり過ごすことができて、幸せだったんじゃないかなと思います。
ももじちゃんが旅だった日と同じなんて、不思議なつながりがあったのかもしれないですね。
自分のこと忘れないようにって思ったのかな。
しゃも児くんがどうか安らかに眠れますように。
ご冥福をお祈りします。
---------- NEKO [ 編集]* URL * 02/03, 21:44 -----

あまりに急なことで、言葉が見つかりません。
「しゃも児」って、またろぼ吉さんらしい名前をつけたなって
思ったのが、ついこの間のことのようで。。
1歳3ヶ月と20日。ちょっとはやいよ、しゃも児くん。。
今はしゃも児くんが安らかに眠れるように、祈ることしか。。
---------- まゆき [ 編集]* URL * 02/03, 22:28 -----

昨晩読んだ前記事にコメントしようと訪れて…
この記事の1行目を読んだ瞬間「うそ…」って、言葉がくちをついて出てしまいました。
私ですら動揺してしまったくらいですもん。
ろぼ吉さんの気持ちを思うと…もう、言葉がみつかりません。
ろぼ吉さん、どうぞ自分を責めないでくださいね。
それはきっと、しゃも児君も本意ではないはず。
しゃも児君という名前は絶対に忘れられない名前です、私の中でも。
しゃも児君、またね。
---------- ブライアン [ 編集]* URL * 02/04, 00:30 -----

・・・しゃも児ぃ~。早すぎるぢゃ~ないかよぉ。
何で、なんだよぉぉ。
・・・ナミダ、止まらないぞ。ちきしょー。

・・・・・ろぼ吉さん、大丈夫ですか?
しゃも児君、親孝行さんでしたね。男らしい最期だったかも知れませんね。

しゃも児君、フォーエバー・・・!!
---------- 太郎と花子のcc [ 編集]* URL * 02/04, 02:14 -----

突然の訃報に、涙が止まりません。。。。。。

なぜ?なぜ?を繰り返すだけです。
ろぼ吉さんもずっと自問自答を繰り返して、
「どこで何を見落としたんだろう」と思っていると思います。

せめて、ろぼ吉さんの帰りを待って
ハムランドに逝ったのだと。。。。。
しゃも児ちゃんはきっとキット幸せでしたよ~
もも児ちゃんやぽてちゃんやもみじちゃんに出迎えてもらっていると思います

しばらくは、しゃも児ちゃんを偲んで思い出ふけって
泣きませう。。。。。。
---------- さつき [ 編集]* URL * 02/04, 10:35 -----

しゃも児君、本当に突然だったね。
病気も発覚したてで、どんな状況かもつかめないまま・・・。
ひめぷるさんから聞いて、「まさか」と思ったよ。
ろぼ吉さん、凹んでいるだろうなぁ。
きっと私以上のショックだったと思うわ。
しかし、ももちゃんと同じ日だなんて、縁があったのね。
ぷーすけももーちゃんと同じ日だったから、びっくりだった。
突然のお別れはなかなか受け入れるのが大変だよね。
ゆっくり、ゆっくり・・・。
しゃも児君のご冥福をお祈りいたします。
---------- Sacchan [ 編集]* URL * 02/04, 15:42 -----

しゃも児くん…少し早すぎるよ…。

お薬ちょっと、きつかったんかな?
私はチェリーを薬で失ってから、
ハムに薬は与えないって決めたから、
きちんとあげてるろぼ吉さんは偉いなぁ~と思ってた。
私は怖くてあげれないから…。

しゃも児くん、ろぼ吉さんのところに戻ってきてね。
しゃも児くん、またね…。
---------- みゅう [ 編集]* URL * 02/04, 16:24 -----

昨日訃報を目にしたのですが動揺してしまい
落ち着いてからコメしたくて出直しました
というのも、我が家もおととい
しゃけが旅立ちました

しゃもちゃんはまだ若いし突然だったので
ろぼ吉さんもさぞかしお辛いこととお察しします
でもしゃもちゃんがろぼ吉さんと
ご縁があったのが必然だったように
きっと今旅立つことにも意味があったのかなぁ(゜дÅ)

どこかでしゃけと合流して旅してるのかもしれないね
まだまだ辛いでしょうけど
暖かい気持ちで思い出してあげてください
ろぼ吉さんもご自愛ください
しゃもちゃんのご冥福をお祈り申し上げます


---------- さんし [ 編集]* URL * 02/04, 21:51 -----

昨日知ったのですが…言葉がでなくて…
今日、あらためて記事を読んでも泣けてきます…
しゃも児くんはろぼ吉さんやウマウマオヤジさんに大切にされて
ウマウマもいっぱいもらって幸せだったはずです。

私もとってもかわいくて大好きだったしゃも児くんのこと、忘れないよ!
またろぼ吉さんのところに戻ってくる日まで、またね。
---------- tekuteku♪ [ 編集]* URL * 02/04, 22:40 -----

しゃもちゃん、お空に行くの早すぎるよ。体調悪いってわかってたけど、まさかこんなに早くお空に旅立つとは思いませんでした。



しゃもちゃんをいつも親近感持ちながらブログ見てたよ。ただ本当に悲しい、この一言です。
---------- だいすけ [ 編集]* URL * 02/04, 22:40 -----

しゃも児くん、いまだに信じられないです。
だって、体重もあるし
まだとても信じられないです

しゃも児くん、早すぎるよ・・・
もう本当にただただ驚きというかショックが大きくって。。。。
しゃも児くん、安らかに。
---------- PICO [ 編集]* URL * 02/05, 01:07 -----

しゃも児くん。。。
突然のことでとても驚き、ろぼ吉さんのお気持ちを思うと、
なんと言葉をおかけしたらいいのか。。。
しゃも児くん、お薬がんばって飲んでくれて、
きっとろぼ吉さんも、これからしゃも児くんと一緒に、
病気と闘っていこうとしてらっしゃったと思うと、
どんなにおつらいことか。。。
不甲斐ないと思ってしまうお気持ち、そんなふうに思わないでと言っても、
やっぱりいろいろ後悔してしまいますよね。。。
でもでも、しゃも児くんは、ろぼ吉さん家のコになれて、
本当に幸せだったと思います。
ろぼ吉さん家のコらしい、おもしろくてかわいい名前のしゃも児くん。
ぽっちゃり体型が愛らしくて、イエローということでいつも気になる存在でした。
しゃも児くん、今までありがとう。お空でゆっくり休んでね。
ろぼ吉さん、今はとても悲しくて寂しいことと思いますが、
どうぞゆっくり元気になってください。
---------- michu [ 編集]* URL * 02/05, 12:40 -----

しゃもちゃん、早いよ。 早すぎるよ。 まだ逝っちゃだめだよ。
大好きなろぼ吉さんのもとから、たった1歳三ヶ月で逝ってしまう
なんて・・・。 言葉がでないよ・・。
おハゲが出来てしまって、ようやく直りかけて、腫瘍が見つかった。 それでこれから直していこうね。って前回のコメ欄に
書いたばっかりなのに・・・。 むちむちなしゃもちゃんに
早くなってね!って書いたばっかりなのに・・・
ろぼ吉さん、自分を責めないで。
パンを買ってきてしゃもちゃんに食べさせたかった。
その気持ち、きっとしゃもちゃんに伝わってるよ。
ももじちゃんと同じ日に旅立ったんだね。
きっと運命が合ったんだね。 奇跡だよ。
しゃもちゃん、また会う日まで。 さようなら。
大好き。 しゃもちゃん。
しゃも児君のご冥福をお祈り申し上げます 。
ろぼ吉さん、元気だしてね。
---------- なっち [ 編集]* URL * 02/05, 17:06 -----

どうしても言葉が出て来なくて・・・。
しゃも児くんがお空に旅立ったのを知ったのは、
携帯から遊びにきていたときで、当日だったはず。
でもどうしても画面の前では言葉が出なくて・・・。
1番心を痛めてるのはろぼ吉さんなのにね。
しゃも児くん・・・ろぼ吉さんがパン買ってきてくれるのをわかってて、
玄関の音を聞いて「あっ!帰ってきたぁ~♪」って、
お家から這い出してきたときに、慌てちゃってお空に行っちゃったのかな・・・。
ちょっと慌てん坊だったのかな・・・しゃも児くんてば。
もうちょっと待っててくれてもよかったのにね。
でもきっと・・・ううん絶対笑顔だったと思う、しゃも児くん。
しゃも児くん、しゃも児くん、いい名前、いいコ。絶対忘れないよ。
ろぼ吉さんもゆっくりゆっくり元気になってくださいね。


---------- きなこ [ 編集]* URL * 02/07, 16:37 -----

e-68 ゆかりさん
せっかくアドバイスもしていただいたのに
こんなことになってしまい、本当に残念でたまりません。
数日前に初めてしゃも児の体に異変を感じたときに
それなりに覚悟はしていたつもりでしたが
まさかこんなにあっという間にお別れがくるとは
予想もつきませんでした。
食欲の無くなった子にご飯を食べさせるというのは
難しいことだと、毎回思います。
特にしゃも児は食いしん坊でしたから
食べたいという気持ちは最後まであったんじゃないかと思います。
いつも、食べられる時にはいっぱいウマウマも食べさせてやりたい
と思っていて、結果おデブさんになってしまったしゃも児ですが
もっともっと美味しくて食べさせてあげたかったウマウマが
いっぱいあります。
それを食べさせてあげられなかったのが、残念です。
ありがとうございました。


e-68 くららさん
メールありがとね。
どんな病気や怪我も小さいハムスターにとっては大変なことだけど
「腫瘍」と聞くと致命的って感じがするよね。
しゃも児の場合はまだ若いけれど、出来た場所が難しいなぁ、と
思って今後の治療方法に迷いがあった。
それでももう少し、お別れは先のことになると思っていたんだけどね。
早すぎるよ。
闘病しながらちょっとずつ、覚悟をしていくつもりが
こんなに予想外に逝かれてしまって
私の気持ちも一方的に置いていかれてしまった。
くららさんもリリーちゃんのときに同じような辛さを経験してるんだものね。
去年のクリスマスにくららさんにいただいた沢山のウマウマ。
まだしゃも児にあげてなかったものがあって、それが残念です。
お墓に一緒に持っていかせたからね。
「これだけじゃ足りないでちっ!」って言ってるかもしれないけど。


e-68 NEKOさん
前記事でいただいたコメントのお返事もできなくてごめんなさい。
あの記事を書いたときは、
これから辛いけど一緒に闘病を支えていくんだ、
という決意をしたばかりでした。
それがまさかその翌日に逝ってしまうとは……。
今も正直、何が起きたのか
どうして今ここにしゃも児がいないのか、
わからないような気分です。
まるで悪い夢を見ているような感じで
現実と正面から向き合うにはもう少し時間が必要かもしれません。


e-68 まゆきさん
「しゃも児」って名前は、つけた当時は私自身もあまり馴染めなくて
でも言葉の響きが気に入ってつけた名前です。
でも今は、しゃも児にピッタリの名前だったと気に入っています。
皆さんにも親しんでいただけた名前で、よかった。
まだ若くて、病気と向き合うにも十分な体力もあったはずなのに
きっとタチの悪い腫瘍だったんですね。
若いから進行も早くてあっという間だったのかもしれません。
せめて痛かったり苦しんだりする時間が少なかったらいいな、と思います。


e-68 ブライアンさん
前記事を書いたときは、
私もこうなることはまったく予想してませんでした。
腫瘍がハムスターにとって致命的なことも
しゃも児の場合は出来た場所もあまりよくないことも
これまでの経験からもちろんわかってはいたつもりですが
もう少し、闘病の日々があって
ちょっとずつその覚悟をしていくつもりだったのに。
きっとここを訪れてくださる皆さんにとって「しゃも児」という名前は
ブライアンさんのように特別な思いの残る名前になるかもしれません。
それは名前が個性的だったからではなくて
しゃも児自身も個性的な子だったからですね。
皆さんにそう思っていただけることは
私にとっても何よりも嬉しいことです。


e-68 太郎と花子の㏄さん
前記事でいただいたコメントのお返事もする間もなく
こんなことになってしまって、残念です。
寿命の短いハムスターだけど、1歳3ヶ月は早すぎますよね。
まだまだ活発な時期の盛りで、老いの影もなかった。
だからまだきっと頑張れる、と前記事を書いたときは思っていました。
でも、現実は非情ですね。
ccさんに男らしい最期と言っていただいて
私もそんな気がしてきました。
しゃも児は個性的な子だったけど、
最期まで衝撃的で、皆さんの心に残るような子だったんですね。
そういう生き方を、しゃも児自身が選んだのかもしれません。


e-68 さつきさん
日頃から些細な異変も見逃さないように、とお世話してきたつもりですが
ハムが元気でいてくれるとつい見落としてしまうこともあったんだと思います。
今更悔いてもしゃも児が戻ってきてくれるわけではないけれど
やはり今でもいろいろと考えてしまいます。
かと言ってあまり神経質に考え過ぎても
ハムに余計なストレスをかけてしまうことにもなりかねない。
難しいものですね。
今頃お空でまぁるいきなこ餅が2匹、仲良く跳ね回ってるかな?
お弁当に持たせた沢山のウマウマを
ケンカしないで分け合ってくれてるといいんだけど。


e-68 Sacchanさん
メールありがとね。
Sacchanさんは先日ぶらんちゃんを亡くしたばかりなのに。
私もぶらんちゃんに会えるのを楽しみにしていたけれど
私の代わりにしゃも児が今頃ぶらんちゃんに会ってくれてるはずだね。
まだハゲも発症する前の、何の心配もなかった頃のしゃも児に
会ってもらっていてよかった。
まだ正直しゃも児の死を受け入れることはできてないと思う。
でも横浜ツアーの日までには、心も体も元気になっていられるように
ちゃんとしゃも児の死に向き合いたいと思います。
命日が重なるなんて不思議なことってあるんだね。
2歳をなんとか越えてくれたももじと違って
しゃも児はまだ若い盛りで残念だったな。


e-68 みゅうさん
薬と言えば、私も考えてしまうことがあって。
しゃも児の食欲が無くなったのが、
違う病院で新しい抗生剤をあげた直後だったんですよね。
それ以前のお薬も、その後に処方していただいたお薬も
嫌がらずに自分からちゃんと飲んでくれたのに
その薬だけはどうしても嫌がった。
偶然だと思いたいけれど、もしもあの薬をあげてなかったら
なにか違ってたのかな?と思ってしまうのは仕方ないですよね?
今回2箇所の病院で診てもらって、それぞれで処方していただいた薬で
こんなにしゃも児の状態が違ってしまったので
余計に混乱してしまってるんだと思います。
どちらの病院もとても信頼している病院ですし
診立てに落ち度があったとは思えないのです。
それくらい、しゃも児の急変は予期できなかった。
ハムスターに外科的な処置のできる病院はまだまだ少なく限られていて
すべてのハム飼いさんがそんな病院に連れていけるわけではなく
結局薬に頼る治療しかできないのが現実だと思います。
うちの歴代の子の中にも、1ヶ月もたせることもギリギリと言われて
薬で3ヶ月以上もってくれた子もいますし。
難しいですね。


e-68 さんしさん
しゃけくんも……
後程改めて伺わせていただきたいと思いますが
そんな悲しい時にしゃも児にお悔やみのコメントをくださって
本当にありがとうございます。
まぁるい子同士、お空で仲良くしているかな?
二匹とも個性的な名前だから、
もしかしたらそれについて何か言ってるかもしれないですね。


e-68 tekuteku♪さん
前記事のコメントのお返事もできなくてごめんなさい。
あの記事を書いたときは、こんなことになるなんて
これっぽっちも思ってなかった。
きっと誰も予期してなかったでしょうね。
しゃも児は最初なかなか体重が増えなくて小さくて
そのことでちょっと心配になったりしたこともあったけれど
いつのまにか大きくなり過ぎなくらいおデブさんになりました。
きっと油断していっぱいウマウマをあげていたからですね。
でもそのせいか、食べることにかけては貪欲で、
食欲の塊みたいな子でした。
そんなしゃも児が最後には食べたいものが食べられないようになってしまって
未練たっぷりだったんじゃないかな?なんて思って
お墓にはいっぱいウマウマを持たせてあげました。
またいつかしゃも児みたいな子に会えるといいな、と思います。


e-68 だいすけさん
前記事のコメントのお返事もできなくてごめんなさい。
本当に、逝くの早過ぎですよね。
数少ないプディングとして、だいすけさんにはいつも可愛がっていただきました。
いつかまた、しゃも児みたいな子と出会ってお迎えする日がくると思います。
毛色は何色でもいいから、しゃも児みたいな子とまた出会いたいです。


e-68 PICOさん
体重の貯金があった分、食べられなくなってもまだ大丈夫、と
思う気持ちがありました。
でもやっぱり、ハムスターにとって食べられないということは
致命的なことなんですね。
本当に食欲の減少以外は、まだ十分頑張れそうな気がしていました。
歴代ハムズの中でも、こんなに大きく育って
突然逝ってしまった子は初めてです。
私もまだ正直受け入れられないでいますが
そろそろしっかり向き合わなければ、と思います。


e-68 michuさん
ぽて児や佐助くんのプディングの跡を継いで
しゃも児も見事なジャンボリアンに育ちました。
しゃも児にはまだあげてなかったウマウマもいっぱいあったので
それが食べられなかったことは、今頃お空で後悔しているかもしれません。
腫瘍ができても、まだしばらくは一緒にいられると思っていました。
しゃも児に何が起こったのかわからず、
そのせいでなかなか受け入れられずにいますが
せめてしゃも児にとって我が家で暮らしたことが幸せだったと
思ってもらえてたら嬉しいです。
私やウマウマオヤジだけでなく、
皆さんにもこんなに可愛がってもらったことをお空でも忘れないでいてほしい。
ありがとうございました。


e-68 なっちさん
ハムの寿命は短いけれど、1歳3ヶ月はまだまだ活発な時期。
早すぎますよね。
若いから、病気の進行も予想以上に早かったのかもしれない。
前記事でいただいたコメントにもお返事できないままでごめんなさい。
あの時はまだ十分一緒にいられると私も思ってました。
しゃも児ももしかしたらそのつもりだったんじゃないかな?
亡くなる当日の朝もおうちから顔だけ出してお薬を飲んでくれた。
きっと頑張って元気になろうと思っていたんだと思うんだよね。
突然お別れすることになって、しゃも児が迷わずお空にいけるよう
きっと心配してももじが迎えにきてくれたのかもしれない。
だから今頃はお空でみんなと仲良く遊んでいると思います。
私もいつまでも泣いてないで、ちゃんと見送ってあげないと
しゃも児が困っちゃいますよね。


e-68 きなこさん
しゃも児のこと、私のことを気にかけてくださって
ありがとうございます。
突然こんな形で逝かれてしまって、
私の気持ちだけが一方的に置いていかれてしまったような感じです。
でももしかしたらしゃも児自身も
まさかこんなに早く逝くとは思ってなくてビックリしたかもね?
しゃも児の顔、とっても安らかな寝顔だったので
きっと楽しい夢でも見ながら逝ったんじゃないかしら?
一人っきりで逝かせてしまったから
せめて心細い旅立ちでなかったらいいな、と思わずにはいられません。
---------- ろぼ吉 [ 編集]* URL * 02/09, 19:54 -----
         
コメントする












 管理者にだけ表示を許可する?

                  
トラックバック
トラックバックURL
→http://robokiti.blog8.fc2.com/tb.php/832-150f6134

【 トラックバックしていただくにあたってのお願い 】
トラックバックしていただける場合は、
コメント欄に一言その旨書いていただけると助かります。
それが無い場合、トラックバックをお断りさせていただくこともありますのでご了承ください。

※ トラックバックは管理人の承認後、表示されます

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)