だらだら~っと、ゆる~いハムスターとの日常。気が向いたら更新。
    
スポンサーサイト   
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
つつじアルバム   
どうも。

先日仕事中、絵本コーナーで『虹の橋』を見つけて
思わずページをめくって号泣しそうになった、ろぼ吉です。


仕事中に読んじゃいかん本だったなぁ……


とりあえず、
一番目立つところにディスプレイしておきました (← ある意味職権乱用?)



虹の橋で私を待っていてくれてるはずの歴代ハムズ。
いつか追いかけるから、みんなで出迎えてね。




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


というわけで。

つつじの未公開写真もたくさんあるので
ろぼ吉家で過ごした、
1年5ヶ月間のつつじの短い生い立ちを振り返ります。


2008年4月撮影

2008年4月下旬、お迎え直後のつつじさん。
誕生日は3月上旬ということだったので
このとき生後約2ヶ月経つか経たないか、という頃。

2008年4月撮影

この時の体重はまだ33g。
まだまだあどけなさの残るおチビさん。

2008年4月撮影

ジャンのしゃも児(当時53g)と大きさ的にも大差なかった(笑)


つつじが来た日


つつじをお迎えしたその日に撮影した動画が残ってた!
そういえば、トイレの中の砂がペパレミになってる。
ろぼ吉家では固まるタイプの砂を使ってて
つつじはいきなりそれを口に入れてしまったので
急遽ペパレミを入れて代用したんだった。
その後、砂浴び用の砂を買ってきてしばらく慣れさせて
つつじがトイレ砂を口に入れないようになってから
固まるタイプの砂に戻したんだったっけ。

まだ軽いつつじ。
いきなり21センチのクルクルは大きすぎて……
上手に走ってるけど、止まった時クルクルの惰力が抑えられない。
つつじは止まってるのに、クルクルがしばらくユラユラ揺れてて
見てるこっちが目が回りそうだ(笑)

つつじの歴史は衝撃的な幕開けでした。

2008年5月撮影

お迎え1週間で体重は20g増え……

2008年5月撮影

更に1週間でまた20g増え……

2008年5月撮影

あれ?

と思ったら

2008年5月撮影

出産した!
これでマイナス10g。



生まれたBabyたちは残念ながら育たなかった。

つつじにとっても辛く、悲しい出来事だったはずなのに
それからのつつじは人懐っこく、どんどん慣れていった。

2008年5月撮影

ご飯の好き嫌いもなく、

2008年6月撮影

当時は今のつむ児のように、脱走するのも得意だった。

2008年6月撮影

待望の100g越えは7月のある日。

2008年7月撮影

2008年7月撮影

顔つきもだいぶ大人びてきた。

そういえば。

2008年8月撮影

つつじもやってたっけ。
回し車の外回し。
(後ろ側から回してたけど)



つづく。
              
コメント

わ~ん、可愛い可愛い♪
そしてちったいちったい♪
そうでしたねぇ、つつじちゃんは33gでしたよね。
なのに出産(爆)
私もこのときはびっくりしました。
そうやって考えると、58gでお迎えしたうちのユズたん、
お店では2姉妹と同じ水槽に入ってたんだけど、
大丈夫だったのかしら?と、ちと心配に。
いやしかし、美少女から見事に美しく成長したですなぁ、
つつじちゃん(ほれぼれ)
---------- ブライアン [ 編集]* URL * 10/12, 23:33 -----

ちっちゃいときも、大きくなってからも。
・・・とにかく、つーちゃんってば可愛いぃっっ!!
動画、すっかり見入ってしまいました。目尻下がりっ放し(^^;。
そうそう、驚きの出産劇でしたね(ろぼ吉さんは慣れっこかな?)。
あんな小さなカラダで、よく頑張ったものですね。感心してしまいます。
歴代ハムズのつつじちゃん・・・個人的にも大好きな一枚です。
---------- 太郎と花子のcc [ 編集]* URL * 10/13, 07:19 -----

さすが、つつじ姫v-352幼少時代から美しかったんだね~
ほんと完璧なお顔立ちにうっとりんこだよv-398
くるくる途中でこっちを見た時、思わず、つつじちゃんに
見つめられて、私…赤面よv-402
そぅそぅ、突然の出産には色んな意味で驚いたっけなー。
でもね、ろぼ吉さんにも言ったっけ?
つつじちゃんベイビーの里親募集したら、私、立候補するつもりだったって事。
結果は残念だったけど、もし、無事、育ってたら、それはそれは
美しい子達だったろうね。
天界で、子供達に再会してるかもしれないね。
しかし、どのつつじちゃんも美し過ぎて、ハァ~ンっと溜め息が出ちゃうワ~♪
ししゃも、久しぶりに見たけど、まんま、きなこ餅やんけっi-199
---------- ちえ [ 編集]* URL * 10/13, 14:59 -----

e-68 ブライアンさん
ユズたんにももしかしたら隠し子が・・・?(笑)
案外2姉妹同時に・・・なぁ~んてこともアリですな。
今もどこかにいるかもしれないユズJr.に会ってみたい気もしますねぇ。
とはいえ、本来ならそういうことはあってはならないことなんですけどね。
つつじの時はさすがに2度目だったので驚きの免疫(笑)こそあったけど
その後のショックが大きかった。
もみじの時よりも更に小さかったんだもの。
あんな結果になったのも無理なかったのかもしれません。
むしろ、つつじが無事に出産し、その後も元気でいてくれたことの方が奇跡だったのかもね?


e-68 太郎と花子のccさん
お迎え直後の動画がなんでお蔵入りしてたのか、自分でも謎です(笑)
やっと公開できてよかった。
いきなりの出産は、確かにもみじの時よりは覚悟ができてたというか
衝撃は少なかったけど
その後のショックが大きくて・・・あれは本気で凹みました。
残念で悲しかったけど、つつじがその後元気で何事もなく過ごせたことが救いでした。
あのままつつじも・・・なんて事態に至っても不思議じゃないくらい
当時のつつじは幼くて小さかったんですもの。
サイドバーの写真は、やっぱりコレしかないでしょう!
でもつつじはカメラ目線のいいお顔が多くて、候補は沢山あったんですけどね~。
この写真を気に入ってくださってる方はやっぱり多いので、嬉しいです。


e-68 ちえさん
珍しく?コメントありがとう~!
っていうか、ちえさんとこはずっとコメント閉じてるから
ツッコミたくてもツッコめないじゃないかっ!
つつじのBabyちゃんは是非ちえさんに里親になってほしかった。
聞いたときは嬉しかったよ~。
お空の上ではきっと子育てしてるね。
当時は幼かったつつじだけど、きっと今なら上手に育児できるはず。
つつじの育児してる姿と可愛く成長していくBabyちゃんたちの姿、見たかったなぁ~。
しゃも児、意外なところで再登場(爆)
寝てるから、しゃも児だって言わなきゃホントにきなこ餅だよね(笑)
---------- ろぼ吉 [ 編集]* URL * 10/13, 22:28 -----

つつじちゃんのお迎え・・・。
いや~、もみじちゃんに続く衝撃的な事件。
びっくりしつつ、小さいつつじちゃんには負担が大きすぎると思いつつ、でも育って欲しいと願った仔はむ達。
残念だったけど、その後、ろぼ吉さんがショップへ訴えて、二度とこのようなことがおこらないようにして欲しいと。
これはこれでいいことだったと思うよ。
つつじちゃん、本当に小さい頃からかわいかったね。
これからもずっと振り返った記事を見てみたいと思っちゃったわ。
虹の橋って、本もあるんだね。ネットでよく見るから・・・。
---------- Sacchan [ 編集]* URL * 10/13, 23:20 -----

かわいいつつじちゃんの思い出いっぱいですね~

「虹の橋」どんな絵本か探してみます。
昨日、オランダの片田舎で初めて180°のまんまるな虹を見ました。それに上っていけたら、ハムスターランドにいけるのかなぁ~

明日、ようやく帰国します。
我が家のハムムたちは、わたしのこと思い出してくれるでしょうか????
---------- さつき [ 編集]* URL * 10/14, 03:42 -----

お迎えした時のつつじちゃん、ホントにあどけないですね(^^)
くるくるしてる姿もかわいい。。。
しばらくして、悲しい出来事もあったけど、
その後は元気に愛らしく成長してくれましたね。
こうやって写真や動画を見ると、いろんなことが思い出されますね。
友情出演(笑)のしゃも児くんも懐かしかったです♪

虹の橋って、絵本にもなってるんですね。
きっとみんな笑顔で待っててくれてますね。。。
---------- michu [ 編集]* URL * 10/14, 20:15 -----
☆つつじちゃん☆
つつじちゃんと過ごした1年5か月、いろんなことがあったよね。

つつじちゃん2世は夢に終わったけど、つつじちゃん自身が楽しく過ごせたと思うし子供たちの分までがんばったんじゃないのかな??

やっぱりこういう写真振り返ると泣けてくる(;_;)
---------- だいすけ [ 編集]* URL * 10/14, 22:06 -----

e-68 Sacchanさん
つつじの出産の件は本当にショックだった。
ただ出産して育児するだけならもみじの時と同じだから
つつじの時もある意味暢気に構えてた感じもあって・・・
出産・育児が本当に大変なことなんだと認識させてくれた悲しい事件でした。
Sacchanさんもその後経験してるからわかるよね。
しかもさーこの命まで奪ってしまった悲しい出産だった。
だからこそ、ブリーダーでもないショップでの安易な出産は避けてほしい。
『虹の橋』はくららさんのところで初めて知って、その後よくいろんなとこで聞くなぁ~って思ってたの。
絵本があるなんて私も知らなかった。
しかも、うちの図書館にあったなんて!(笑)
読んで、虹の橋はペットたちが飼い主を待っててくれる場所なんだと初めて知ったわ。


e-68 さつきさん
おかえりなさい!(これを読んでくださる頃はもう日本ですよね?)
『虹の橋』が絵本になってたなんて私も知りませんでした。
ネットでも全文見ることはできるんですけど
絵本の方がやっぱり泣けます。
でも素敵なお話なので、機会があったら是非探してみてください。
最近、あんまり大きくてくっきりした虹って見ないなぁ。
ボンヤリしたのなら時々見れるけど、それも1年に1度あるかないかくらいで。
海外で見る虹ってもうそれだけできれいそうなイメージが・・・(笑)
私も見てみたいなぁ。


e-68 michuさん
こんなにあどけなかったんだなぁ~って改めて見るとびっくりしますね。
ゴルは特にジャンよりも表情が成長に伴って変わってくる感じがします。
つつじの出産と育児の失敗は、私にとっては一生忘れられない出来事になりました。
つつじを思い出す度に、あのことは切り離せない出来事です。
つつじが元気に優しくて人懐っこい子に育ってくれてよかった。
それだけが救いでした。
もう2度とあんなこと繰り返したくないです。
『虹の橋』を初めて全文読んだんですが、本当に素敵な話ですよね。
私が虹の橋に辿り着いた時に、歴代ハムズが勢ぞろいで出迎えてくれると思うとワクワク♪します i-229


e-68 だいすけさん
1歳半という命はけして長くはない、むしろまだ早い方で
つつじもまだまだこれから!という時だったけど
その短い一生の中で、つつじには悲しい出来事もありました。
それは私にとっても後悔したくなるようなことだけど
なによりつつじが楽しい一生を過ごしてくれたのなら・・・と思わずにはいられないです。
きっと今は虹の橋でBabyちゃんたちと一緒にいて、優しいママになっているはずです。
それをいつか私も虹の橋に行って見ることができると思うと楽しみです。
---------- ろぼ吉 [ 編集]* URL * 10/15, 03:15 -----
         
コメントする












 管理者にだけ表示を許可する?

                  
トラックバック
トラックバックURL
→http://robokiti.blog8.fc2.com/tb.php/893-b884611c

【 トラックバックしていただくにあたってのお願い 】
トラックバックしていただける場合は、
コメント欄に一言その旨書いていただけると助かります。
それが無い場合、トラックバックをお断りさせていただくこともありますのでご了承ください。

※ トラックバックは管理人の承認後、表示されます

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    
         
    
                        
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。